【W杯サウジ戦】清武弘嗣の出身高校や年俸は?嫁は足立真梨子で子供も

投稿日:2016-11-15 更新日:

2018年に行われるFIFAワールドカップロシアのアジア最終予選。

日本はサウジアラビアと対戦します。注目はMF清武弘嗣選手。

清武弘嗣選手の経歴や年俸、家族について調べてみました。

W杯サウジ戦に清武弘嗣!経歴や出身高校は?

2018年に開幕するFIFAワールドカップロシアのアジア最終予選。

サッカー日本代表、ハリルジャパンはサウジアラビアと埼玉スタジアムで対戦。

 

ワールドカップ出場のためにはこの試合はなんとしても勝ちたい大事な試合。

香川真司選手や大迫勇也選手、井手口陽介選手などスタメン選手が気になる中、日本代表として注目されるメンバーの一人がMFの清武弘嗣選手。

清武弘嗣

清武弘嗣選手は1989年生まれの大分県出身。

3兄弟の次男として生まれました。

弟はロアッソ熊本に所属しているMFの清武功暉選手です。

 

小学生の頃は父が監督を務めるサッカークラブでプレイし、

その後、大分トリニータのユースを経て2008年にトップチームに昇格。

清武弘嗣選手は昇格後1年目でスーパーサブとして活躍しています。

 

2010年には高橋大輔選手、上本大海選手とともにセレッソ大阪に移籍。

2012年には香川真司選手がドイツ移籍に伴い、レギュラーに定着。

香川真司選手の移籍後は欠番となっていた背番号8番を継承しました。

その後、ドイツのニュルンベルク、ハノーファー時代を経て、

現在はスペインのセビージャに所属しています。

 

清武弘嗣選手の学歴ですが、

大分市立明治北小学校

大分市立原川中学校

高校は大分東明高校出身です。

大東中学校と記載してしまっておりましたが、読者様からご指摘をいただきました。

申し訳ありません。

 

大分東明高校は多くのプロサッカー選手を輩出していますが、

タレントのユースケ・サンタマリアさんも東明高校を卒業しています。

 

清武弘嗣の年俸と推移は?

グラフ

リーガ・エスパニョーラ・セビージャFCに所属し、

日本代表のMFとしても活躍する清武弘嗣選手。

 

清武弘嗣選手の年俸を調べてみたところ

2008年 360万円

2009年 450万円

2010年 800万円

2011年 1500万円

2012年 3000万円

2013年 1億円

2014年 1.9億円

ハノーファーに移籍後、年俸が跳ね上がっていますね。

さらにセビージャへの移籍金は8億円といわれています。

現在の年俸は推定2.5億円とされています。

物凄い金額ですね。

 

清武弘嗣の嫁は足立真梨子!子供はの名前は?

清武弘嗣選手の奥さんは足立真梨子さん。

清武弘嗣選手の小学校の頃の1学年上の先輩でした。

清武弘嗣選手の嫁・足立真梨子さんの画像はこちら

 

学生時代の付き合いなのかと思ったら

二人が交際を始めたのは2010年に地元で再開した時。

その後2011年に結婚し、半年後には子供が誕生しています。

子供は男の子で名前は真駿(しゅん)くんというようです。

 

半年で子供が生まれているので結婚したときには既に妊娠していたことになります。結婚したのは妊娠が発覚したからでしょうか。

 

現在は1児のパパである清武弘嗣選手。

アジア予選では香川真司選手や大迫勇也選手、井手口陽介選手と期待の選手も多い中

最終予選のサウジアラビア戦でどのような活躍をしてくれるか楽しみです。

-人物
-,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.