オナイウ阿道が浦和に移籍!?出身高校や経歴は?ハーフで家族の父や母の国籍は?

投稿日:

12月3日、浦和がJ2千葉のFWオナイウ阿道選手を獲得することが濃厚であると報じられました。

オナイウ阿道選手はリオオリンピックの最終予選でもメンバーに選ばれた現在21歳の若手選手ですが、一体どんな選手なのか調べてみました。

Sponsored Link

オナイウ阿道はハーフ!家族は?国籍は日本

ボール

オナイウ阿道(あど)選手は1995年埼玉県出身で、ナイジェリア人の父と日本人の母との間に生まれたハーフ。

国籍は日本ですよ。

両親の名前は父親がアダムスさん、母親が園子さんです。

身長は180cmと高身長。顔は優しそうな印象がありますね。

 

オナイウ阿道選手は小学校2年生の頃にサッカーを始め、小学生の頃は神川パルフェ、中学時代はFCコルージャに所属していました。

FCコルージャは小林祐三選手や新井章太選手、内田航平選手も所属していました。

 

高校は正智深谷高校に進学し、は2年生の時に全国高校サッカー選手権に出場。

3年の全国高校総体では3位という素晴らしい成績を収め、大会優秀選手に選出されました。

正智深谷高校卒業の芸能人には土田晃之さんもいます。なんか意外な共通点ですね。

 

2014年より、ジェフユナイテッド千葉へ入団し、7月にはJリーグ・アンダー22選抜に選手登録されました。

8月にはファジアーノ岡山戦でJリーグデビュー。

U‐19日本代表として、MF南野拓実選手らとともにアジア選手権に出場しました。

2016年のU-23日本代表にも選ばれており、リオオリンピックの最終予選メンバーとしてアジア選手権で出場し、アジア制覇に貢献。見事優勝を果たしました。

リオオリンピック本戦ではメンバーからは落選してしまいましたが、バックアップメンバーとして追加登録されました。

Sponsored Link

-スポーツ選手
-,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.