「ピコハラ」って何が問題?忘年会や宴会の余興を回避!上司への上手な断り方は?

投稿日:

今、ピコハラという言葉が蔓延しているのはご存知でしょうか。

ピコハラって言葉のニュアンスで初めて聞いても何のことか分かるようなワードですね。

今流行りのピコ太郎のPPAPを強要する行為のことをピコハラといいます。

しかし、「セクハラ」や「パワハラ」と同列で並べられる「ピコハラ」は何が問題なのでしょうか。

スポンサーリンク

ピコ太郎のPPAPを強要!?ピコハラの問題点は?

ピコ太郎

世界中で大ブームを巻き起こしたピコ太郎のPPAP。

正直踊りはよくわかりませんが、なんか耳に残るんですよね。

 

ピコ太郎のPPAPが宴会や忘年会の余興として使われていることは知っていましたが、どうやらこのPPAPを職場の上司が部下に強要していることが増えているようです。

PPAPは歌詞もダンスも覚えやすく、コスチュームも手軽に手に入ることから決して難しいものではありません。

しかし、見るのは面白いけどPPAPを踊ることに対しては抵抗を感じる人も多い様子。

色々と調べてみたところ、滑った後が怖いみたいですね。

PPAPは動きが小さいですし、思い切り動かないと面白くない。やる気なく踊れば当然つまらないし、思い切り踊ってもなかなか笑いをとるのは難しいようです。

 

部下がPPAPを踊ることに恐怖を感じている一方で、上司がPPAPを踊った後に愛想笑いをしなければいけないことも苦痛に感じている人もいるようです。

部下が踊ってもダメ

上司が踊ってもダメ

もうPPAPをやめるしか方法がありませんね。

う~ん、まさかこんな事態になろうとはピコ太郎さんも思わなかったでしょう。

スポンサーリンク

上司にPPAPを勧められたら?ピコハラの断り方

ピコハラを避けるにはどうしたらいいのでしょうか。

実際に忘年会で上司に余興を頼まれて断るのは難しいですよね。

ピコハラを避ける上手な断り方はあるのか調べてみました。

 

1、忘年会を欠席する

忘年会を欠席するというのは確実に余興をせずに済みますが、例えば他の社員が出席するのに一人だけ欠席というのは気が弱い方には難しいですよね。

ましてや新入社員となれば、こういった職場の付き合いにはよほどの用事がなければ参加しておきたいところ。

欠席は「代替案も受け入れてくれなかった」「絶対PPAPが嫌だ」というときの最終手段にしておきましょう。

 

2、代替案を出す

PPAPではなく、楽しく踊れるものを選んだり得意な芸にするのも一つの方法です。

今話題の「恋ダンス」は結婚式や宴会でも頻繁に踊られていて好評ですよ。

男性社員が一人で踊るのはきついので女性社員も巻き込んで大勢で踊ってみましょう。

他にも自分が「これならできる」というものを提案してみるのも方法の一つ。

 

3、周りを巻き込む

 

どうしてもPPAPを踊らなければいけない場合は他の人も参加させましょう。

そうすることで滑っても安心できますし、複数でやることで動きが大きく見えるので笑いを誘いやすくなります。

一番のポイントは嫌でも楽しそうにすること。

ピコ太郎も恥ずかしそうに踊っていたらPPAPがあんなに話題になることはなかったでしょう。

堂々と踊りきって、「どうでした~」とドヤ顔で上司に声をかけられるような完コピをしてピコ太郎になりきりましょう。

スポンサーリンク

-生活・社会
-,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.