借りぐらしのアリエッティのその後と主題歌の歌詞は?

投稿日:2017-07-07 更新日:

7月7日の金曜ロードショーで『借りぐらしのアリエッティ』が放送されました。

新作アニメーション映画『メアリと魔女の花』と同じく米林宏昌監督が手掛けた作品をまた見れるのは嬉しいですね。

※「メアリと魔女の花」はジブリではございませんでした。読者様からご指摘をいただき、訂正させていただきました。

男の子の声も『メアリと魔女の花』と同じく神木隆之介さんが担当しています。

神木さん、俳優としても声優としても大活躍ですよね!

そんな『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじや他の声優、主題歌やその後について調べてみました。

スポンサーリンク

借りぐらしのアリエッティのあらすじは?

『借りぐらしのアリエッティ』は2010年に公開されたジブリ作品で、主人公は小人の女の子アリエッティ。

14歳の少女であるアリエッティは両親と3人で古い屋敷の床下でひっそりと暮らしていました。

人間に姿を見られてはいけないという掟のもと、ティッシュなど人間の生活用品を「借り」ながら暮らしているから、「借りぐらし」なんですね。

 

ちなみにアリエッティたちが暮らしている屋敷のモデルは青森県の「盛美園」とのことです。

アリエッティたちが暮らす屋敷に人間の少年・翔が療養のためにやってきます。

夜、「借り」に出たアリエッティは翔に姿を見られてしまいます。

翔に姿を見られてしまったアリエッティは、初めての借りで手にした角砂糖を逃げる時に落としてしまいますが、翔はそれを届け、小人と接触しようと試みます。

 

アリエッティは家族の安全のため、自分たちに関わらないように頼みますが、姿を見たいと迫る翔。そこへカラスが乱入して、振り落とされそうになるアリエッティを翔は助けます。

人間の優しさに触れ、葛藤するアリエッティ。

その夜、翔は屋敷の主人の貞子と家政婦のハルとともに小人の話やドールハウスについて聞きます。

ドールハウスを贈ろうとする翔ですが、その結果ハルにバレてしまい、危険を感じた両親は引っ越すことを決意します。

別れを告げるため、庭で休む翔の前に現れたアリエッティ。

そんな彼女に憎まれ口を叩いてしまう翔でしたが、彼女の住処を壊してしまったことを詫び、さらに自分は心臓の病で手術を受けるが、きっと助からないだろうことを告げます。

 

そんな翔の動向をうかがっていたハルはついに小人の住処を発見し、アリエッティの母・ホミリーを誘拐すると、瓶の中に閉じ込めてしまいます。

部屋に戻った翔はハルによって知らぬ間に閉じ込められてしまいますが、そこへ現れたアリエッティにホミリーがいなくなったことを告げられ、一緒にホミリーを探します。

無事2人はホミリーを救出することに成功しますが、その日の夜、アリエッティと両親は引っ越しのために川へ向かいます。

明け方、飼い猫のニーヤの知らせで川へ訪れた翔にアリエッティは別れを告げ、新たな引越し先を目指して川を下っていきました。

スポンサーリンク

借りぐらしのアリエッティの声優は?

『借りぐらしのアリエッティ』の日本語版の声優についても見ていきましょう。

以外なあの人もあの役で出演していましたよ。

 

アリエッティの声優に志田未来

アリエッティは屋敷の床下に暮らす14歳の小人の女の子。

明朗快活で人間や家猫、虫に対して物怖じしない性格です。

 

主人公のアリエッティの声を担当するのは志田未来さん。

志田未来さんといえば、『女王の教室』からずっと見ていたのですが、声優として出演していたことを知ったのは実は後になってからなんです。

声がいい意味で全然違和感がなくて色んな役に適していると感じました。

『レンタル救世主』といい志田未来さんの可能性も幅広いですね。

そもそも神木さんと志田未来さんの組み合わせって『探偵Q』じゃんと思ったのは私だけではないはず!

 

母ホミリーの声優に大竹しのぶ

アリエッティの母親のホミリー。

外国人風に描かれているんですね。年齢設定は52歳。

借り物を工夫して家庭を切り盛りしている。衣服などサイズの合う既製品が無い場合洋裁等で作成しています。

長年の工夫を重ねた結果である現在の住処での生活を気に入っていますが虫は苦手。

ドッキリなどが苦手で衝撃を受けやすいな性格ですね。

ホミリーの声優には大竹しのぶさん。

大竹しのぶさんは先日金曜ロードショーで放送されたピクサーの『インサイド・ヘッド』にも出演していました。

 

父ポッドの声優に三浦友和

アリエッティの父親のポッドは61歳という設定です。

危険な「借り」に出て一家を支える大黒柱。

この先自分に何かあったときのためにアリエッティに借りを教えます。

手先は器用で劇中では半田付け補修や藁カゴ編み等の工作、華麗なロッククライム術を披露。

なんでもできるみたいですね。

声優は三浦友和さんです。三浦友和さんといえば、最近だと『就活家族』に出演していました。

 

スピラーの声優に藤原竜也

なんと藤原竜也さんも出演していましたよ。

藤原竜也さんが演じていたのは小人の少年スピラー。

12歳でアリエッティよりも少し年下ですが、家族はいなくて1人で生活しています。

蓑を纏い、赤い弓を持ち歩くちょっと変わった小人ですね。

脚を怪我したポッドを助け家まで送り届けたものの、初対面のアリエッティ一家に対しぶっきらぼうな物言いで、多少片言気味に話します。

携帯食としてコオロギの脚を獲ってきていて、食べたりと野性的。

 

翔(しょう)の声優に神木隆之介

心臓病を患う人間の少年・翔の声を演じるのは神木隆之介さん。

両親は離婚して父親とは別居しており、母親は外国にいるため家族の交流は薄いので、家族と暮らしているアリエッティを羨ましがっていました。

生まれつき心臓が弱く、過度に運動出来ない体です。

母から屋敷の小人のことを聞いたことがあり、屋敷へ手術直前の療養のため1週間のみ訪れた初日、家猫のニーヤに絡まれ掛けていたアリエッティを目撃。

 

基本は穏やかで心優しい少年で、小人を見たことは秘密にし、彼女が落とした角砂糖を届けに行ったり、病身を押してアリエッティの母親救出に協力。

最後にはアリエッティから生きる勇気をもらい、助からないと悲観的だった手術を「頑張る」と告げて別れます。

 

牧貞子(まき さだこ)の声優に竹下景子

アリエッティの家族が暮らす屋敷の主人役には竹下景子さん。

翔の祖母の妹で、いわゆる大叔母にあたります。屋敷には猫のニーヤもいます。

ドールハウスは、『いつか小人が現れた時にプレゼントするため翔の曽祖父がイギリスの職人に作らせたもの』である事を翔に話しました。

自分も父の願いを叶えたかったが自分では見たことが無く、この家にはもう小人は居ないのかもしれないと発言しています。

 

ハルの声優に樹木希林

貞子の屋敷の家政婦のハルの声を担当したのは樹木希林さん。

愛車の赤い軽自動車の駐車マナーを主人の貞子に度々注意されています。

小人を捕まえようと試みるが、捕獲を一般の業者に依頼しようとするなど思慮の浅い点も見られる。老眼で少々目が悪い。

ハルが小人を捕まえることに執着する理由は、金や名声のためではなく、かつて小人を見たことを話しても誰にも信じてもらえなかったため、その悔しさを晴らすためのようです。

(ロマンアルバムによる)

スポンサーリンク

借りぐらしのアリエッティのその後は?翔やアリエッティの家族はどうなる?

アリエッティ一家のその後についての描写はありませんが、色んな都市伝説があります。

新たな住処を探して川を下ったアリエッティ一家は今度は床下ではなく、屋根裏に棲むようになったというもの。

しかし、屋根裏はネズミやら毛虫などが多く住みついており、アリエッティ一家は危険にさらされてしまい、最後は猫に連れ去られてしまうというものでした。

 

他にも、新たな住処を探す道中で危険な目に遭ってしまうというものも。

翔いわく「滅びる運命」である小人ですので、悲観的な最後という意見が多いですが、個人的には幸せに暮らしてほしいと思っています。

 

また、話は変わりますが、アリエッティがゴキブリであるという説も見つけました。

小人ではなく、ゴキブリ!?

その理由は、

物陰(床下)で暮らしている、温かいものを好む、人間の食べ物を食べる、夜に活動する、動きが素早い

というもの。

でもゴキブリだとしたら、母親が虫嫌いなのはなんなのか。同族嫌悪?

もうひとつ気になるのが翔のその後についてです。

手術が迫っていましたが、成功したのかどうか。

作品の中では手術をする決意をした翔ですが、その後については一切触れられておらず、視聴者に委ねられています。

手術に成功して元気に生きていてほしいと思いますが、作品の中では希望を与える描写がほとんどなかったことから失敗して亡くなったのではないかという意見が多くありました。

回復をほのめかす描写はなく、また翔は終盤で走って心臓に負担をかけています。

子供も見る映画であるため、表現を和らげて結末が曖昧になっているという解釈ですね。

借りぐらしのアリエッティの歌詞や歌手は?

『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌は「Arrietty’s Song」です。

主題歌を歌うのはセシル・コルベルさん。

セシルさんはフランス出身のミュージシャンで、ジブリ映画の大ファンとのこと。

 

セシルさんは1980年生まれでフランス北西部・ブルターニュ地方のフェニステール出身。

父親が版画家で、母親が画家という芸術家の両親のもとに生まれました。

幼い頃から家のアトリエにあったレコード・プレイヤーでクラシック音楽やシャンソンなどを聞いて育ったそうです。

思春期にケルト音楽に傾倒し、地元の音楽学校でハープを習います。

ケルト音楽に親しんできたセシルさんですが、このケルト音楽はファンタジー作品との相性がいいんです。

アリエッティの原作者メアリー・ノートン氏はイギリスの作家ですが、イギリスはもともとケルト系の民族が住んでいた土地。

ケルト文化が根付いていることからファンタジー作品が多く生まれたのだといわれています。

アリエッティの主題歌をセシルさんが担当することになったのはまるで運命のようですね。

スポンサーリンク

-テレビ・映画

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.