生活・社会

ハロウィンの猫目メイクの簡単なやり方は?一重でも奥二重でもOK!?

投稿日:

10月のイベントといえばハロウィンですよね!

ハロウィンに仮装パーティを予定されている方は多いのではないでしょうか。

ハロウィンでも人気の猫目メイク。

一重や奥二重でも簡単にできる方法はないのでしょうか。

 

ハロウィンで女の子に人気のメイクは?

ハロウィンで女の子に人気なのは定番の魔女メイクですよね。

魔女メイクは普段しているメイクとあまり変えなくても良いですし、

可愛らしいメイク・セクシーなメイク・少し怖いメイク

と幅広くアレンジできます。

 

初めて仮装する方でも挑戦しやく人気ですね。

 

アナと雪の女王のアナやエルサも人気があります。

アナは可愛いらしいメイク、エルサは大人っぽいメイクにされる方が多いようです。

白雪姫は可愛らしいメイク、シンデレラは可愛らしくセクシーなメイクをされているようです。

 

アナ雪以外もディズニーのプリンセスの仮装は子供から大人まで人気があるようです。

お姫様は女の子の憧れですから、一度はやってみたいですよね。

 

そして意外にもホラー系も人気!

顔に傷や血などを描き、ゾンビメイクをするというのが好まれているようですね。

こうしたホラーメイクはハロウィンでないとなかなかできないという理由もありそうです。

 

あとはやはりアニマル。

ウサギのバニーガールに仮装し、セクシーなメイクをされる方が多いです。

もちろん猫も大人気!

 

猫は可愛らしいメイクをされる方、セクシーなメイクをされる方、リアルな猫メイクをされる方、化け猫メイクをされる方など色々といらっしゃいます。

猫は初めての方からベテランの方までその方の好みで色々なメイクができるので人気なのです。

ハロウィンの猫目メイクの簡単なやり方は?

まず、猫メイクに必要な道具を揃えましょう。

と言っても普段使っている化粧品とあまり変わらないかもしれません。

 

いくらハロウィンとはいえ、他にメイク道具をたくさん買い揃えるのはツラいですよね。

そう考えると猫メイクはとても経済的なメイクですね!

 

ベースメイクは普段お使いのもので大丈夫。

ほんのり白めにしても良いので、持っていればフェイスパウダー

あとは、ブラックのリキッドかジェルアイライナー

アイシャドウ、つけまつげ、チーク(しなくてもOK)、カラコン(なくてもOK)、口紅があれば十分。

 

猫メイクで必要なメイク道具はこれぐらいです。

お手持ちのメイク道具で間に合うという方は多いのではないでしょうか。

 

まず、ベースメイクは普段通りにします。

ほんのり白っぽく仕上げても良いのでフェイスパウダー等があればファンデーションの後につけてください。

アイブロウも普段通りで大丈夫です。

 

ではいよいよ猫目メイクです。

アイシャドウはブラウン系、少しゴージャスなイメージにするならゴールド系をあまり濃くならないようにグラデーションでつけてください。

 

こちらの動画が大変参考になります。

次にアイライナーです。

上まぶたの目頭から目尻までリキッドアイライナーでアイラインを引きます。

目尻から斜め上にラインをはねさせます。

長さや角度で印象が変わるのでお好みで。

 

先ほどの目尻のアイラインの先に向けて目の中央辺りから直線を引いていきます。(三角形を描くイメージです)

そしてその三角形の中を塗りつぶして行きます。

すると簡単にアイラインを引くことができます。

 

下瞼もアイラインを引きます。

目尻のハネ上げたアイラインとつながるように、下目尻1/3にもラインを引いてください。

 

その後、つけまつげをつけましょう。

目尻が長いつけまつげが私個人的にはオススメです。

「こんな太いアイラインで大丈夫なのかな?」と思うかもしれませんが、ハロウィンの猫目メイクなので太めにして大丈夫です!

 

もしあればカラコンをしてみてもいいですね。

猫メイクはとにかく目を強調させてくださいね。

 

チークはしなくても良いですが、もしつけるならオレンジ系やブラウン系をうっすらとつけてください。

口紅の色はお好みで良いですが、ピンクなら可愛い口元に、赤ならセクシーな口元になります。

 

先程のアイライナーでヒゲを描いたり、鼻の頭に逆三角を描いて黒く塗ったり、鼻の下の溝に線を引いたりするとより猫っぽくなりますよ。

一重や奥二重の人でもぱっちり猫目にできるメイク方法は?

一重の方は少し腫れぼったく見えてしまいがちですよね。

気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にも是非猫目メイクをしていただきたいです!

 

基本的には猫目メイクの方法は変わりませんが、アイシャドウのつけ方を変えると良いです。

アイホール全体に、アイシャドウのブラウン系のベースの色をつけます。

少し濃いめのアイシャドウを二重のラインがありそうなところにつけましょう。(二重の腺を描くイメージで)

 

この二重ラインは真ん中から目尻側のみ乗せます。

そのあとアイラインを同じように引くと一重の方もぱっちり、素敵な猫目メイクになりますよ。

 

奥二重の方も少し腫れぼったく見えてしまったり、アイラインを引いても意味がなくなったりしますよね。

ですが奥二重の方もアイシャドウのつけ方でぱっちり猫目になりますよ。

 

アイホール全体にブラウン系のベース色をふんわりとつけます。

濃いめのブラウンを目のフチにつけます。

この時目尻にかけて少し太くなるようにつけてください。

そのあとアイラインをひいていただくと良いです。

 

私自身も奥二重なのでアイラインがよくヨレてしまったり、滲んでしまったりするので悩んでいました。

 

そんな私が今使っているのはウォータープルーフの24時間落ちない、お湯で簡単にオフできるというリキッドアイライナーです。

このタイプのアイライナーを使い始めてからほとんど悩まなくなりましたよ。

もしすぐヨレる、滲むとお悩みの方はそのようなタイプのアイライナーを使ってみてくださいね。

 

どうでしたか?

思っていたより猫目メイクは簡単にできそうではないでしょうか。

初めての方もそうでない方も今年のハロウィンパーティは是非、猫メイクで可愛く仮装して楽しんできてくださいね。

-生活・社会

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.