原晋監督(青学)の嫁の年齢や名前は?美人妻なのに子供がいないのはなぜ?

投稿日:

24時間テレビで1500メートルチャレンジをすることが発表された原監督。

野球の原監督じゃなく、青山学院の陸上の原晋監督ですよ。

最近はメディアにも引っ張りダコで情報番組にもよく出演されていますね。

そんな原晋監督のお嫁さんやお子さんについて調べてみました。

原晋監督(青学)の出身高校や大学は?

原晋

原晋(はらすすむ)

生年月日:1967年3月8日

出身地:広島県

最終学歴:中京大学

 

青山学院大学陸上部を箱根駅伝史上初の3連覇へと導いた原晋監督ですが、

原監督の卒業した大学は箱根駅伝とは縁のない中京大学でした。

どうして原晋監督が青山学院大学の陸上部監督になったのか、経歴についても軽くみていきましょう。

 

原晋監督が陸上に興味を持ち始めたのは小学4年生の時。

それまでは野球やスポーツに興味を持っていたんですって。もしかしたら野球選手になっていたかもしれないんですね。

小学4年生の時に地元の漁港で足を骨折してしまった原晋監督は、リハビリとしてジョギングを始めたことから陸上に関心を持つようになりました。

本格的に始めたのは中学生になってからで、中学1年生にしてマラソン大会で1位になったそうです。

同じ学年同士ではなく上級生も抑えての1位だからとても足が早かったのでしょうね。

タイムが気になります。

 

高校は駅伝強豪校として知られる広島県立世羅高等学校に進学し、高校でも活躍。

陸上部のキャプテンを務め、3年時には全国高校駅伝で貢献し、準優勝となりました。

高校卒業後は中京大学に進んだ原監督。

大学でも日本インカレ5000mで3位という好成績を残し、地元の中国電力にランナーとして入社しました。

キャプテンとしてチームを引っ張った原監督の貢献により、1993年には全日本実業団駅伝へ初出場を果たします。

しかし、右足首の捻挫で入社して5年で選手生活を引退してしまいました。

これが1995年、27歳のときですね。

 

その後は会社員として10年間営業マンとして勤務。

配属先は支店の中でも下に位置する営業所だったそうですが、熱心に仕事に打ち込んだ結果、企業用の1000万円の省エネ空調機を売りまくり、社内でトップの成績を叩き出しました。

ランナーとしてだけでなく、「伝説の営業マン」としても活躍するようになりました。

普通は大好きな陸上ができなくなったら落ち込みそうですが、営業でも一切手を抜かずに取り組んでいた原監督。

その根性が成功への鍵だったのでしょうね。

原晋監督の嫁の名前や年齢は?美人妻だけど怖い?

原晋監督は1995年に結婚しています。

奥さんの名前は「美穂」さん。原監督と同じ1967年生まれで同年齢です。

 

1995年といえば、原監督が選手を引退した時ですね。この時にすぐに立ち直り頑張っていたのは妻を食べさせていかなければいけないという想いもあったのかもしれません。

1人だったらどうにでもなるでしょうが、家族がいれば落ち込んでばかりもいられませんもんね。

また、美穂さんも走れなくなった原監督を精一杯励まし支えていたのではないでしょうか。

ずっと専業主婦だった美穂さん。

現在は青学の陸上競技部が所有する「町田寮」の寮母として原監督と選手たちのサポートをしています。

 

そもそも原監督のもとに青山学院大学陸上部の監督の話が出たのは36歳の時。

青山学院大学の卒業生である高校時代の後輩から、「母校が駅伝強化をしようとしているため、監督をしてみませんか」と声がかかりました。

この話を受け、仕事を退社した原監督は2004年に青山学院大学陸上競技部中・長距離ブロック監督に就任

この時、美穂さんは大反対したそうです。

この時の契約は3年契約で結果を出さなければ雇用契約を打ち切られる可能性もありました。

そうなるとすでに36歳だった原監督は40歳近く。いくら過去の営業成績が高くとも、再就職が困難になります。

それでも原監督は説得を続け、監督として陸上部の選手たちの育成に力を注ぐことを納得してもらいました。

 

今は陸上部の選手たちに慕われ、時には厳しくありつつも、選手たちの相談にものっているそうです。

原監督には言えないことも美穂さんには話しているとのことなので、第二の母親的な存在なのでしょうね。

誕生日には選手たちからプレゼントが贈られるほどの人気者なんですよ。

 

原晋監督家族!嫁との間には子供はいないけど不妊!?

原晋監督と嫁の美穂さんとの間には子供はいません。

美穂さんは子供が好きで、幼稚園や小学校の先生になりたかったんですって。

なのに、結婚して20年以上経つのに1人も子供がいない為、不妊なのではという噂もありますが実際のところはわかりません。

 

とはいえ、今は男子大学生を何十人も面倒を見ているので、もはや子供のような存在がたくさん。

約40人~50人分のご飯を用意したり、身の回りの世話をしています。

なんと毎朝3升のお米をとぎ、麦茶は12リットル用意するんですって。

食べ盛りだから食事の用意も献立を考えるのも大変そうです。

青山学院大学陸上部が箱根駅伝で勝利できたのは原監督だけでなく、お嫁さんの美穂さんの陰ながらのサポートもあったからなのでしょうね。

 

ちなみに美穂さんは2016年の東京マラソンにも参加し、完走しています。この時の年齢は49歳。

東京マラソンに参加した理由はゴールする達成感を味わうためとのことでした。

選手たちの気持ちを感じたいという素晴らしい寮母さんですよね。

 

24時間テレビでは1500mチャレンジをする原晋監督。

選手たちや美穂さんに見守られながらのチャレンジとなるのでしょうね。足に無理がないようにしていただきたいです。

-人物
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.