ハイアンドロー レッドレインの挿入歌の歌詞は?主題歌も

投稿日:

EXILE TRIBEのメンバーが総出演する映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」

この主題歌や挿入歌を歌っているのは誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

ハイアンドロー「レッドライン」のあらすじは?

あらすじ

3人は、ガキの頃からずっと一緒のはずだった・・・。

いつも無邪気に弟を笑わせる兄・雨宮雅貴(TAKAHIRO)

感情を顔に出すことのない弟・雨宮広斗(登坂広臣)

対照的なふたりだが、眼に見えぬ絆で結ばれていた。

 

彼らには心の底から尊敬する長兄・雨宮尊龍(齋藤工)がいる。

幼い頃に両親を亡くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。

 

しかし一年前、尊龍はふたりの前から突如姿を消してしまう。

それから弟たちは兄の行方を探し続けていた。

ふたたび巡ってきた両親の命日。尊龍が現れることを期待し、雅貴と広斗は家族の墓を訪れる。

 

だが、そこに現れたのは兄の行方の手がかりを持つ謎の少女・成瀬愛華(吉本実憂)だった。

なぜ尊龍は、雅貴と広斗を残して姿を消したのか?

尊龍の行方を追って次々と真実が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明らかとなる。そして三兄弟のたどる運命とは――。

スポンサーリンク

ハイアンドロー「レッドライン」の主題歌は?

ハイアンドローレッドラインの主題歌は『TIME FLIES』

『TIME FLIES』は「EXILE」のTAKAHIRO「GLAY」のHISASHIがタッグを組む「ACE OF SPADES」に登坂広臣が加わり、PKCZ(R)とコラボした楽曲です。

ハイアンドロー主題歌の歌詞

『TIME FLIES』誕生のきっかけは、「ACE OF SPADESとPKCZ(R)、そして登坂でコラボレーションしてみてはどうか」というEXILE HIROの発案だったとのこと。

TAKAHIROは「レコーディングでは、登坂と刺激の交換をし合いながら臨み、アーティストとしてすごく充実した時間を過ごすことができました」と振り返っています。

 

ロックサウンドとダンスビートの融合を体現した、斬新でスタイリッシュなデジタルロックに仕上がっています。

PKCZ(R)、AOS、登坂といったそれぞれの個性と、コラボすることで新たに出現する個性。

とても素敵な楽曲に仕上がっています。

スポンサーリンク

ハイアンドロー「レッドライン」の挿入歌の歌詞は?

「HiGH&LOW」は、5つのチームが抗争を繰り広げながら絆を深めていく青春アクション。

EXILE HIROがプロデュースし、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」らが所属するLDHと日本テレビが共同で立ち上げたプロジェクトです。

第2弾となる「レッドライン」は雨宮3兄弟の姿と共に「この絆、永遠」のキャッチコピーがついた力強い仕上がりとなっています。

「レッドライン」の挿入歌の歌詞

挿入歌の曲名は『THE RED RAIN』

こちらもTAKAHIROさんと登坂広臣さんが歌っています。

スポンサーリンク

-テレビ・映画
-,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.