テレビ・映画 音楽

星野源のドラえもんの歌詞の意味や解釈が凄い!深読みしてみた

投稿日:

2018年のドラえもん映画『のび太の宝島』が3月3日に公開。

なんと今回で38作目になるドラえもん映画ですが、今回は船での冒険です。

 

ドラえもんの舞台は宇宙だったり動物の世界だったり、南極だったりと様々ですが、予告映像を見ると夏らしい印象を受けました。

そんな『のび太の宝島』の主題歌と挿入歌を担当するのは星野源さんです。

星野源のドラえもんがのび太の宝島の主題歌に

ドラえもん映画の曲を担当するのは初めてな星野源さんですが、星野さんもドラえもんが大好きだとのこと。

だからか、歌詞には「ドラえもんらしさ」が散りばめられています。

 

のび太の宝島のストーリー

ジャイアン達の売り言葉に買い言葉で「宝島を見つける!」と宣言してしまったのび太はドラえもんのひみつ道具を使って宝島を見つけることに。

しかし、島を目指す途中で海賊船に襲われてしずかちゃんがさらわれてしまう。

 

その後、のび太たちの前に現れた少年フロックとオウム型ロボットのクイズ。

 

しずかちゃんがさらわれた理由は何なのか、のび太はしずかちゃんを救うことはできるのか。

またフロックが知る宝島の秘密とは何なのか。

 

星野源のドラえもんの歌詞の意味が深い!解釈してみた

星野源さんの『ドラえもん』の歌詞ですが、ドラえもんが大好きなのが伝わってくるほどドラえもんの世界を表したフレーズが散りばめられているんです。

これは曲名が『ドラえもん』になっているのも納得です。

 

 

星野源さんの『ドラえもん』の歌詞の中には、ドラえもんの世界、そしてその世界で生きるキャラクター達のことが散りばめられています。

 

落ちこぼれた君も 出来すぎなあの子も

この落ちこぼれた君=のび太

そして、出来すぎなあの子=出来杉くんですね。

予告映像では出来杉くんも『のび太の宝島』に少しだけ登場しています。

 

機械だって涙を流して 震えながら勇気を叫ぶだろう

個人的にはとても好きな言葉です。

この機械はドラえもんのことであり、もしかしたら作品に登場するオウム型ロボットのことも表しているのかもしれません。

 

ドラえもんがギャグ以外で泣いているシーンというのが思い浮かばないので、実はちょっとピンと来ていなかったんですよね。

映画の中で泣いているのかな。

 

私は「泣く」というのは感情を表していて、機械にも感情があるんだよ、と言っているように解釈しました。

 

そして、2番の歌詞では

拗ねた君も 静かなあの子も

拗ねた君=スネ夫

静かなあの子=しずかちゃん

 

彼の歌も誰かを救うだろう

スネ夫、しずかちゃんと来たら残るはジャイアンですね。

ここで”歌”を出してくるというのが星野さんらしいです。

 

でも、ジャイアンの歌が誰かを救うというのは悪いけどちょっと想像できません^^;

 

意味を考えながら曲を聴くと、ますます楽しいですね。

 

星野源のドラえもんCDには遊び心もたっぷり

星野源さんの11枚目シングル『ドラえもん』に入っているブックレット。

その撮影の様子もとても楽しそう。

 

タイムふろしきを持っていて、笑顔な星野さんが楽しそうで可愛いです。

-テレビ・映画, 音楽

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.