日高裕次郎が木村沙織と結婚して旦那に!現在の年収や職業も

投稿日:2017-01-01 更新日:

リオ五輪の女子バレーのキャプテンとして活躍した木村沙織さんが入籍したことを発表しました。

相手は一般男性ということで名前などは伏せられていますが、相手は交際が報じられていた元ビーチバレー選手の日高裕次郎さんのようです。

スポニチで名前が出ていましたね。

 

スポンサーリンク

木村沙織の旦那は日高裕次郎!

女子バレーボール選手の木村沙織さん。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは日本代表の主将を務めて活躍しましたね。

そんな木村沙織さんが一般男性と入籍していることを自身のブログで発表しました。

お相手は以前から交際が報じられていた日高裕次郎さん。

すでに結婚しているのではないかと噂されていましたが、もう入籍を済まして二人で生活をしているようです。

木村沙織さんの旦那である日高裕次郎さんはインドアとビーチバレーの元選手。

日高裕次郎

鹿児島県霧島市出身の九州男児ですね!

身長は191cmと高身長。

Wikipediaやグーグルの検索では188cmと出てくるのですが、その後身長が伸びたということでしょうか。

190cm台ってどんだけ背が高いんだろう…。

木村沙織選手も身長が高いので高身長カップルですね。

 

木村沙織さんは現役引退をすることも発表していますが、その時にはすでにお二人は結婚されていたのでしょうか。少なくとも婚約はしていそうです。

 

スポンサーリンク

木村沙織の旦那、日高裕次郎の経歴は?

木村沙織さんの旦那である日高裕次郎さんは鹿児島県霧島市出身で身長191cmと高身長。

年齢は木村沙織さんと同い年です。

 

日高裕次郎さんは中学時代からバレーのオリンピック有望選手として注目されており、高校では1年生の時からスタメン。

ちなみに出身高校は鹿児島県商業高等学校です。

春の高校バレーでは九州代表のエースとして活躍していました。

高校卒業後は日本体育大学に進学。

3・4年生時には2年連続で日体大バレー部の全日本インカレ優勝に貢献し、

東アジア地区バレーボール選手権や福岡国際男子バレーボール大会にも代表選手として選ばれている実力者です。

 

大学卒業後はNECブルーロケッツに入団しましたが、無期限休部。

これにより2009年5月にはインドアからビーチバレーに転向しています。

その後、ビーチバレーを引退し、パナソニック・パンサーズに入団。

インドアのバレーに戻り1年間プレーした後、引退をしています。

インドアからビーチバレー、インドアというのは珍しいように感じますね。

 

スポンサーリンク

日高裕次郎の現在の年収や職業は?

日高裕次郎さんは現在はパナソニックの社員として勤務されているようです。

パナソニックの社員の年収は400~500万円。

ただ、年齢に比例して年収も上がっていきますし、上場企業の平均年収よりもお穴ソニックの年収は高いので金銭的な心配はありませんね。

木村沙織さんの年収は2000万円ではといわれているのですが、引退しても生活していくには十分な収入だと思います。

 

木村沙織さんは引退後は鎌倉でオープンカフェを経営するという夢があり、その夢を叶えるかもしれません。

鎌倉なら近いので行ってみたいですね。

スポンサーリンク

-人物
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.