LINEアカウントが乗っ取られた時はどうなるの?判断方法や対処法と防止策は?

投稿日:

LINEのアカウントを乗っ取られたと最近良く耳にしますね。

自分は、大丈夫だと思われている方も多いと思います。

 

しかし、いつ自分のアカウントが乗っ取られてしまうかわかりません。

運悪く乗っ取られてしまった場合の対処法や防止策をあらかじめ知っておくことで、被害の拡大を防ぐことができます。

そこで今回は、LINEが乗っ取られた時はどうなるかについてお話させていただきます。

スポンサーリンク

LINEを乗っ取られることによる2つの弊害

LINEアカウントを乗っ取られてしまうことで2つの弊害が出てしまいます。

それぞれ、お話させていただきますね。

 

1、自分のアカウントが使えなくなる

アカウントを乗っ取られてしまうと自分のアカウントが使えなくなってしまいます。

LINEは、1アカウントに対し、1端末しか使用できません。

そして、乗っ取られてしまうと、友だちリストを失ってしまいます。

 

その結果、LINEのみで連絡を取り合っていた方とは、連絡が取れなくなってしまいます。

こうなってしまうと、本当に大変ですよね。

私自身、LINEのみで連絡を取り合っている方が多数おりますので、乗っ取られてしまうと再度連絡を取ることができなくなってしまうのが怖いです。

 

ただ、メールや電話番号を知っている方であれば、新しいアカウントを作り、お友だち追加することで、連絡はとれるようになります。

 

しかし、個別に対応しなくてはならないので、復旧するためにかなりの時間と労力を費やすことになります。こんな状況には、陥りたくないですよね。

 

友だちリストに登録されている人への被害

アカウントを乗っ取られてしまうことにより、乗っ取り犯に友だちリストの情報も流れてしまいます。

このことは、2次被害、3次被害へとつながってしまう恐れがあります。

この場合、あなたの信用を失ってしまうことがありますので、できれば控えたいですよね。

スポンサーリンク

LINEが乗っ取られた時の判断方法は?

ごく最近、被害にあった方がいらっしゃいますので、実例をあげさせていただきます。

最近の乗っ取り犯の特徴ですので、判断方法としてご利用ください。

 

乗っ取り犯:携帯変えたら、電話番号が消えちゃった。電話番号教えて。

被害者:知り合いだと思い、電話番号を答える。

乗っ取り犯:認証番号がSMSで届くからそれ教えて。

被害者:何も疑わず、知り合いだと思いSMSに来た認証番号を教えてしまう。

 

このようなLINEが来たら、乗っ取りされます。決して、電話番号を教えないでくださいね。

乗っ取り犯は、すでに知り合いの乗っ取られたアカウントを利用して、なりすましで聞いてくることもあります。

この場合、疑うことなく電話番号を教えてしまいがちですが、本人に直接電話してみるなど確認をしましょう。

 

先程の方は、普段よりまめにLINEを使用していたこと、その後相手からの返信がないこと、そして、返信してしまったけどよく考えたら誰から連絡が来たのかわからなかったので、おかしいと思い娘さんに相談したそうです。

もしかして、乗っ取られたのではないのと言われ、すぐさま次のような対応をしてくださいました。

スポンサーリンク

乗っ取られたと気づいたときにまずすること

では、LINEアカウントを乗っ取られたかもしれないと気づいた時には、一体どうしたら良いのでしょう。

2通りのパターンがあるので、それぞれお話させていただきますね。

 

まだアカウントが乗っ取られていない場合

その方は、まず、タイムラインで乗っ取られた可能性があるので、私からのLINEは、無視してくださいとの報告をしてくださいました。

同時に、娘さんもお母様が乗っ取りにあった可能性があるから気をつけてとタイムラインで拡散してくださいました。

 

そのため、お友だちリストにのっていた方たちへの2次被害は、防げました。

しかし、本来気づいたときにすぐすべきことは、パスワードを変更することです。

 

LINE右下の●●●タップ

→右上の歯車タップ

→アカウントタップ

→メールアドレス変更タップ

→パスワード変更タップ

本人確認ページで新しいパスワードを入力で終了です。

これで、乗っ取りされずに今までどおりLINEが使用できます。

先の方は、この知識を知らなかったため結局アカウントを乗っ取られてしまいました。早くに教えてあげてればよかったと後悔しています。

 

すでにアカウントを乗っ取られてしまった場合

すでにアカウントを乗っ取られてしまった場合、LINEを開くとキャラクターのブラウン(熊のキャラクターです。ブラウンって言うのですよ。)入りの「利用することができません。」という画面が表示されます。

すぐに、運営に連絡をいれましょうね。

LINEの問題報告ホームから連絡を入れることができます。運営側が確認次第、アカウントが削除されます。

残念ながら、元のアカウントは利用できなくなります。

こんなふうになってしまったら、困りますね。LINEに対する知識を知っておくことで防ぎましょう。

LINEアカウントの乗っ取り防止方法

では、あらかじめ乗っ取り被害に合わないための防止方法は、あるのでしょうか。

設定のアカウントの項目ですること

ログイン許可をOFFにしておきましょう。PCやiPadからのログインを防ぐことができます。

PCやipadでの共有使用してない方は、ぜひともOFFにしてくださいね。

 

もし、他の端末(PCやipad)からのログインがあった場合、必ず確認の連絡が来るので、乗っ取りを防ぐことができますよ。

送られてくる内容は他の端末からのログイン通知メッセージです。

このメッセージが届いたということは、何処かで情報が漏れてしまって、電話番号やFacebookによる乗っ取りを誰かがしているということです。

 

まだ、乗っ取られていない状況なので早急にパスワードを変更しましょう。こうすることで、乗っ取り犯から開放されます。

 

設定のプライバシー管理の項目ですること

友だち追加する時は、ID検索は便利ですよね。でも、よく考えてみてください。

複数の半角英数字を入力することで、簡単にIDにヒットしてしまう場合が考えられます。

ですので、通常はIDによる友だちの許可をOFFにしておきましょう。

知らない人からのID検索による友だち追加ができなくなり、知らない人からLINEが来ることを防ぐことができます。

新規の友だち追加でID検索を使う場合は、その都度ONにして、追加後OFFに戻しておくことで被害を防ぐことができますよ。

 

また、メッセージ受信拒否をONにしておきましょう。

知らない人からのメッセージが来た経験をお持ちの方も多数いると思います。

メッセージ受信拒否をONにしておくことで、友だち以外からのメッセージの受信を自動的に拒否してくれます。

是非、取り入れてくださいね。

 

設定の友だちの項目ですること

知らない人からの知り合いかも?というのを目にしたことはありませんか?

これは、電話番号、ID、QRコードの利用により知り合いかもしれない方の表示がでます。

電話番号に関しては、多くが、以前使われていた番号が自分に割り当てられた場合です。

それ以外では、何らかの形で情報が漏れてしまった可能性があるので、時々IDやQRコードは変更しましょう。

さらに友だちへの追加を許可の項目を常時OFFにしておくことをおすすめします。

これにより、相手からの電話番号による友だち追加ができなくなります。

 

乱数の入力でヒットする可能性は大きいので、常時OFFにしておきましょう。

そして、友達追加に電話番号を利用する際は、面倒でもその都度ONにしたほうが、安全です。

以上のように設定すると友だち追加の時に少々不便ですが、知らない人からのLINEが来ることを防ぐことができます。

友だち追加の際は、QRコードやふるふるを使って行う方法もおすすめです。

 

また、知らない人からメッセージが来た場合は、「友だちとして追加されていないユーザーです。」という表示が出るので本当に友達なのかよく考えて追加しましょう。

なお、2017年6月9日にLINEのお知らせ画面にLINEサイバー防災訓練がアップされました。

実名が登場して、非常にリアルにできていますので、体験しておくことをおすすめします。

実際体験してみましたが、もっと早くできていれば、私のお友だちが被害に合うことを防ぐことができたと思います。

本当によくできているので、1度試してみてくださいね。

 

近年、連絡手段として多用されているLINEですが、誰でもLINEの乗っ取り被害に合う可能性があります。

しかし、LINEの特性をあらかじめ知っておくことで被害に合うことを防ぐことができます。

正しい知識を身に着けておくことで、楽しいLINEライフをおくれるといいですね。

スポンサーリンク

-生活・社会
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.