生活・社会

巻き爪の原因は靴や歩き方?足の親指は病気?対策や治し方は?正しい切り方も

投稿日:

巻き爪の原因は靴や歩き方?足の親指は病気?対策や治し方は?正しい切り方も

突然足の指に激痛が走る巻き爪。

巻き爪になってしまうと足の爪のおしゃれを楽しめない上に、痛みで普段の生活にも支障が出てきます。

今まで何もなかった爪がどうして巻き爪になってしまうのでしょうか。

巻き爪になってしまった時はどうすれば良いのでしょうか。

足の指が巻き爪になる原因は靴や歩き方?病気の可能性は?

「巻き爪」というのは、爪の両端の先が曲がってしまい皮膚に食い込んでくる状態をいいます。

足の親指の爪が巻き爪になる事が一番多いです。

 

私も以前、両足の親指が巻き爪になった事があります。

足の親指に何かが当たるだけで痛いので歩く事すら苦痛になってしまいます。

 

巻き爪になってしまう原因は何なのでしょうか。

一番多い原因は深爪をしてしまう事です。

爪を切る時につい短く切ってしまうという方は多いですよね。

私もいつも短く切ってしまっていました。ですがこの深爪が巻き爪の原因になっていました。

 

靴が足に合っていないというのも巻き爪の原因になります。

パンプスなど靴の先が細くなっている靴をよく履く方も巻き爪になりやすいので気をつけてくださいね。

靴選びはとても重要です。

 

バレーボールやバスケットボール等足の先にかなりの負担がかかるスポーツをしている方も巻き爪になる可能性が高いです。

 

さらに遺伝が原因になっている事もありますよ。

しかし、生まれた時から巻き爪になっているという事ではありません。

巻き爪になりやすい爪の形を遺伝するという事です。

 

あまり知られていませんが、病気が原因の事もあります

爪白癬といって爪の水虫です。

水虫が原因で巻き爪になってしまうのですね。

もし原因が爪白癬と診断されたら少しショックですよね。

 

そして実は歩き方にも関係があります。

歩き方が良くないと足の先に余計な負担がかかってしまって巻き爪になるのです。

がに股、内股、足の外側を重心にして歩くという歩き方は巻き爪になりやすいです。

 

それなら歩かなければ良いのでは?と思いますよね。ですがそれは違います。

歩く事によって地面から圧力がかかるので爪が曲がらずに平らな状態を維持できています。

もし歩かなくなってしまうと爪は自然に曲がってしまいます。

歩き方が悪いという事は姿勢が悪いという事です。姿勢を正して歩くように意識すると良いですよ。

足の指の巻き爪を自分で簡単に治す方法は?病院は何科?治療費は?

巻き爪は少し痛いだけ、爪の形が少し変なだけだから我慢すれば大丈夫!と放置してしまいがちです。

ですが放置していると巻き爪はどんどん悪化してしまいます。

炎症を起こして腫れや痛みがひどくなります。

 

それでも放置しているとそこからばい菌が入り、骨髄炎等になってしまう事もあります。

そうなる前に巻き爪を早い段階で自分で治す事ができれば良いですよね。

 

私が実際にやった方法ですが、綿を小さく丸めて食い込んでいる爪と皮膚の間に入れ込みます。

そして取れてしまわないようにバンドエイドなどのテープで固定します。

それだけで痛みが和らいでとても楽になりますよ。

深爪をしてしまっているなら、そのまま少し爪を伸ばしてくださいね。

 

巻き爪を自分で治せるグッズもたくさん販売されていますよ。

巻き爪テープや巻き爪矯正器といった便利グッズです。

そのようなグッズを使うとより簡単に治す事ができますよね。

 

しかし、巻き爪が悪化してしまうと自分で治す事が出来なくなってしまいます。

その時は病院に行きましょう。

巻き爪は皮膚科、外科、形成外科、美容外科などで診てもらえます。

巻き爪の原因が爪白癬という場合もあるので皮膚科に行くのが個人的はオススメです。

 

巻き爪を病院で治療する場合、費用はいくら位かかるのか気になりますよね。

保険は適用されるのでしょうか。

 

巻き爪の治療は巻き爪の症状や進行の度合いによって治療方法が変わります。

その治療方法によって金額も多少違ってきます。

 

治療方法によって保険適用のものと保険適用外のものがあります。

保険適用される治療方法なら初診料で5千円~8千円前後になります。

通院を何度かしなくてはいけないので完治するまで1万円~5万円前後かかります。

 

保険適用外の治療方法だと初診料で1万円前後~2万円前後、完治まで3万円~10万円前後かかります。

やはり保険適用外の治療は少し高いかなと感じてしまいますね。

 

かなりひどい巻き爪であれば手術をしなくてはいけなくなります。

手術と聞くと治療費が高くなると思いがちですが、手術の場合は保険が適用されるので7千円~1万円前後でできます。

検査の費用などを合わせても2万円前後で収まる事が多いですよ。

これぐらいの金額だと安心して手術をできますよね。

巻き爪の正しい切り方は?爪切りはニッパー型がいいの?

巻き爪にならない為には正しい足の爪の切り方をしましょう!

深爪をしてしまうと巻き爪の原因となるのでやめてくださいね。

白い部分は1ミリ程残すようにしてください。

 

巻き爪にならないようにする切り方は、まずお湯で温めて爪をやわらかくしてから切りましょう。

お風呂の後に切ると良いですね。

爪をやわらかくしてから切ると爪が割れたりヒビが入るのを防ぐことができますよ。

 

爪はスクエアカットにすると良いです。

爪の先を横に真っ直ぐに切って四角にするイメージです。

切った後は、やすりで削り整えてください。そして爪の先の両端の角はやすりで少しだけ削り落としてくださいね。

 

巻き爪になってしまった時も同じ爪の切り方をしてください。

くれぐれも痛いからといって食い込んでいる部分を切ってしまわないようにしてくださいね。

私は正しい爪の切り方を知らなかったので食い込んでいる部分を切ってしまっていましたが、これをすると巻き爪はもっとひどくなりますので注意しましょう。

 

爪切りはご自宅にある普通の爪切りでも構いませんが、普通の爪切りは少し丸くなっているので真っ直ぐに切るのが難しいかもしれません。

ですのでニッパーで切るのがオススメです。

ニッパーだと刃が真っ直ぐなのでスクエアカットにしやすいですよ。

切れ味もとても良いので気持ち良いです。よく切れるので取扱いには気をつけてくださいね。

 

巻き爪で悩んでいる方は早めに対処すればひどくならず自分で治す事ができます。

今は悩んでいなくても突然巻き爪になってしまうかもしれません。

正しい爪の切り方をして、正しい姿勢で歩くようにして巻き爪を防止してくださいね。

-生活・社会

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.