映画【ラプラスの魔女】櫻井翔が大学教授役でかっこいい!原作あらすじや嵐の主題歌は?

投稿日:

櫻井翔さんの最新映画情報が解禁されました!

スポンサーリンク

櫻井翔がラプラスの魔女で大学教授役に!

嵐の櫻井翔さんが、東野圭吾氏のデビュー30周年記念作を三池崇史監督がメガホンをとる映画『ラプラスの魔女』で主演を務めることが決定。

東野圭吾氏の作品といえば、『疾風ロンド』や『容疑者Xの献身』など映画・ドラマ化された作品も多く有名ですよね。

櫻井翔さんは大学教授役として出演。高学歴の櫻井さんの教授姿が楽しみで仕方ありません。

共演者には若手女優の広瀬すずさんや人気俳優の福士蒼汰さんが決定しており、櫻井さんと初共演を果たします。

櫻井翔さんが映画で単独主演を務めるのは『神様のカルテ2』以来の約4年ぶり。

三池監督とタッグを組むのは『ヤッターマン』以来の約9年ぶりとなります。

 

スポンサーリンク

ラプラスの魔女の原作あらすじや内容は?

『ラプラスの魔女』は東野氏が「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と公言したほどの野心作。

累計発行部数28万部を突破した話題作。

連続して2つ不審死が起きるが、それぞれの事件現場は遠く離れていたのにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒死、さらに死亡した2人が知人同士だったという難解な設定。

櫻井は地球科学の研究者で警察から調査を依頼される大学教授の青江修介に扮する。

また、広瀬は封鎖された事件現場に現れ次に起こる自然現象を言い当てる謎の女・羽原円華、福士は円華が探す失踪した青年・甘粕謙人を演じる。

映画で描かれる事件が事故ではなく他殺だった場合、犯人は「完全無風状態になる一瞬」を事前に知っており、「その瞬間に致死量の硫化水素が発生する場所」へ「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。

青江は、自然科学的見地から事件性を否定。

封鎖された事件現場を検証していると円華(広瀬)が現れ、青江の眼前で次に起こる自然現象を言い当ててみせる。

それは奇跡か、偶然か。警察は円華の事件への関与を疑い始めるが、第3の事件が発生する……。

櫻井さんにとっては、東野氏の作品への出演はNHKドラマ『トキオ 父への伝言』以来14年ぶり。

初めて共演する広瀬すずさんや福士蒼汰さんとのタッグにも心を踊らせているようです。

三池組に初参加となる広瀬すずさんは、「おふたりと現場でどんな化学反応が起きるのかすごく楽しみです。三池監督とは、本当にずっとお仕事がしたかったので、同じ現場を味わえるのはすごく嬉しいです。男性だらけの現場なので、監督を一番の頼りにさせていただきます(笑)」と念願成就を喜んでいます。

3度目の三池組参加となる福士蒼汰さんは、「櫻井さんは知的なイメージなので、研究者である青江のキャラクターがスッと頭に入ってきました。広瀬さんは10代とは思えないエネルギーがある印象で、ピュアさ、真っ直ぐさが円華とイメージがとても近いなと思いました」と共演陣への思いを明かしました。

すでに作品の撮影は始まっており、公開は来年2018年。まだ先ですが待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

ラプラスの魔女の出演者の役柄は?

映画『ラプラスの魔女』の現在明らかになっている出演者をまとめています。

青江修介……櫻井翔

羽原円華……広瀬すず

甘粕謙人……福士蒼汰

相葉雅紀さんに続いて、またもや櫻井翔さんのミステリー作品ですよ!

4月ドラマ『貴族探偵』で相葉雅紀さんの使用人は櫻井翔さんの影山でいいじゃん!と思っていましたが、他の撮影があるなら納得(笑)

大学教授ということは、メガネや白衣を着てるところを想像しても許されますよね、ね?

メガホンをとる三池監督は、「これはポップでラジカルな映画。

原作はあの『東野圭吾』。だから面白くならぬワケがない。

そして『誰も知らない“櫻井翔”の正体』と『知っているよりヤバい“広瀬すず”』が激突し、『剥き出しの“福士蒼汰”が人類の明日を憂う』のだから…凄すぎる!」とコメントを寄せている。

なお、今作の脚本は「半沢直樹」の八津弘幸が執筆。撮影は、4月下旬にオールアップを予定している。

櫻井翔4年ぶり映画主演 東野圭吾氏「ラプラスの魔女」初映像化

ラプラスの魔かとオモタ。 #ラプラスの魔女

めざましにだけ独占コメント!ということはフジテレビがキー局になるのかな?

翔くん…! まさかの東野作品! 東野圭吾大好きで、今ラプラスの魔女読んでるよ。 だからびっくり… 青江さんすごい優しい人なのよ

貴族探偵といいラプラスの魔女といい、ミステリーオタクとしては最高に嬉しいです(*´∀`)

 

ラプラスの魔女の主題歌は嵐?

『ラプラスの魔女』の映画化が決まったとなれば主題歌も期待してしまいますよね。

当然嵐の可能性が高くなるのですが、『貴族探偵』とはまた違ったテイストの楽曲になりそうでこちらも発表を待ちましょう♪

スポンサーリンク

-テレビ・映画
-, ,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.