鈴木亮平の筋肉変化がすごい!食事やトレーニングでの鍛え方は?

投稿日:

2018年の大河ドラマ『西郷どん』では主演を務める事が決定している鈴木亮平さん。

鈴木さんはNHK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの夫役で一躍注目を集めました。

デビューは23歳と遅咲きで、それまでは芸能事務所や制作会社を50社も断られたそうです。

 

背が高いという事からモデル事務所を紹介してもらえることになり、デビューのきっかけとなったようですね。

HK変態仮面やTOKYO TRIBEでは、素敵な肉体美を魅せてくれました。そんな鈴木亮平さんの筋肉について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木亮平の筋肉の変化がすごい!【画像】

鈴木亮平

鈴木亮平(すずきりょうへい)

生年月日:1983年3月29日

出身地:兵庫県西宮市

所属:ホリプロ

 

現在34歳の鈴木亮平さんは186cmとかなり高身長でスタイルがいいですね。

すっかり役作りの1つとして肉体改造のスペシャリストのイメージがついている鈴木亮平さんですが、実は体質的には筋肉がつきにくいタイプだそうです。

 

役者さんにとっては、体作りも役作りのひとつと言われますが、鈴木亮平さんも、自分が演じる役のイメージにできるだけ寄せれるように体作りをされるそうです。

努力されているんですね。

 

しかも、ただ筋肉をつけているわけではないんですね。

たとえば、HK/変態仮面では、ボディビルダーの本を参考にボディビルダー並みの体作りをされていますし、TOKYO TRIBEでは、筋肉の上に少し脂肪を乗せてプロレスラー並みの不良の体を作り上げています。

鈴木亮平の腹筋画像

 

腹筋や胸筋、上腕筋も凄いですね!逞しい体をしています。

鈴木さんはただ筋肉をつけるわけではなく、役柄の具体的な目標をしっかり決めて、肉体改造に臨まれているんですね。

クランクインから逆算して肉体改造に取り組まれているそうです。

 

鈴木亮平さんは、周りの同世代俳優と比べて、23歳デビューと役者としてのスタートが遅かったため、何かひとつ個性を持ちたいと思っていたそうです。

それが”肉体”ということになるのでしょうか。今では立派な武器になっていますね。

 

ただ、そういう作品ばかり好んで選んでいるわけじゃないとも話されていました。

肉体改造ばかりに注目が集まるのは不本意かもしれませんね。

もちろん、十分に実力を持った俳優さんだからこそ、注目されるんですが・・。

スポンサーリンク

鈴木亮平の食事や運動などのトレーニング方法は?

鈴木亮平さんの筋肉の鍛え方、気になりますよね。

食事やトレーニングについて調べてみました。

 

(1)増量の秘訣はピーナッツバター!?

肉体改造を行う上で必要なのは、運動やトレーニングばかりではありません。

食事調整も必要になってきますよね。

”鈴木亮平さんは、1日6食から8食の食事で、1日5000kcalを消費していました。

 

その中でも 100gで640kcalと高カロリーなピーナッツバターは増量に役立っていたようです。

白米にピーナッツバターを混ぜ込んだり、パンにピーナッツバターを塗ったり・・。

急激に増量が必要なときは、甘い菓子パンを大量に摂取していたという話もされています。

かなり極端な方法ですね。

マネしてはいけません!!と本人も話されています。

 

(2)筋肉をつける食事はタンパク質が基本

体重を増加させた後は、脂肪をそぎ落としていく作業です。

鶏胸肉やささみは 低カロリーで高タンパク。

栄養素もしっかりしていて、筋肉にとってはとても良い食べ物です。

鈴木亮平さんも鶏胸肉中心の食事でしっかりとタンパク質を摂取しています。

プロテインやサプリメントも欠かさなかったようです。

 

(3)トレーニング方法

ダブルベンチプレス(大胸筋)やバーベルシュラッグ(僧帽筋)、ダンベルカール(上腕二頭筋)といった筋トレに励まれていたようです。

筋トレと無縁な方には聞きなれない言葉ですが、バーベルシュラッグという筋トレは、首の後ろから肩甲骨に掛けてある筋肉を鍛えるトレーニング。

鍛えると首の横から肩にかけて筋肉が発達してかっこいい体になるそうです。

スポンサーリンク

鈴木亮平の筋肉がすごい!ドラマや出演作品

最後に鈴木亮平さんの筋肉が分かるドラマなどの出演作品についてみていきましょう。

 

HK/変態仮面

『HK/変態仮面』ではパンティを被ることで変身するという異色のヒーローを演じました。

無理に伸ばしたブーメランパンツで股間を隠すというなんとも斬新な衣装。

ちょっと危ういので載せられませんでした(苦笑)

HK/変態仮面 鈴木亮平(画像)

 

 

体のほとんどの部分が露出していますね。

お尻の引き締まり方なんて半端じゃないです。

顔を隠しているとはいえ、誰にでも似合う恰好ではないですよね。

 

この時は1年かけて15kg増量し、そのあと脂肪だけそぎ落としていくという方法で肉体改造されたそうです。

 

TOKYO TRIBE

『TOKYO TRIBE』は全編にわたりセリフがラップという、世界初のバトル・ラップ・ミュージカル。

10キロの増量でまるでプロレスラーのような体型ですね。

TOKYO TRIBE 鈴木亮平(画像)

 

初の悪役という事ですが、イメージはヒールレスラーといったところでしょうか?

ちょうどこの頃、NHK連続テレビ小説『花子とアン』に出演中という事もあって、そのギャップに驚きの声が続出でした。

この表情、相当ワルですね~。

それにしても素晴らしい肉体美です。まるで彫刻のようですね。

コートからチラリとのぞく筋肉もすごくセクシーです。色気がありますね。

 

“肉体も僕の表現方法のひとつ。

台本に『Tバックで登場するメラ』ってあって、この条件を飲める俳優はなかなかいないだろうなって思った”そうですが、これがそのTバック姿でしょうか。

鈴木亮平 Tバック姿(画像)

 

変態仮面もそうですが、こんなに隠す部分の少ない下着姿が似合う人はなかなかいないんじゃないでしょうか?

 

俺物語

『俺物語』では、男気溢れる古き良き日本男児を演じています。

見た目はいかつくゴツイけど・・というのが主人公の特徴というだけあって、全く別人のようにいかつい!!

特に注目したいのは首の太さです。首って太くできるんですね。

この時は340日間で30キロも増量したそうです。

 

“甘いパンを食べまくり起きてる間は常に満腹状態 プロテインを飲んで筋肉をつけた”

“ 大柄な見た目にするために首の筋肉を重点的に鍛えた”

 

「オスゴリラに見えるよう首回りを太くした」そうです。

イメージはオスゴリラだったんですね。まさにイメージ通りだと思います。

寝ている間にも”アラームで1回起きてお腹いっぱい食べて寝る”といった荒業(?)までやっていたそうですよ。

誰にでもできるようなことではありませんよね!

 

すっかり肉体派俳優のイメージが強くなっている鈴木亮平さんですが、「東京タラレバ娘」では優しくて人のいい早坂さんを熱演し、大変好評でしたね。

表情や雰囲気、声などから人の良さがにじみ出ていました。

個人的にはいかつくゴツイ役が好みではありますが・・・。

 

今後見たい役柄

以前『空飛ぶ広報室』に”レスキュー最後の砦”と言われる航空救難団、メディック役で出演されたんですが、すごく似合っていました。

ちなみに、このメディック役は、鈴木亮平さん以外、全員本物だそうですが、一緒に写っていても全く違和感なしです!

1話だけの登場でしたが、自衛官の役はピッタリだと思います。

今後、主演もしくはメインキャストで自衛官役なんていうのも見てみたいです。

 

ドラマや映画で活躍している鈴木亮平さん。今後の活躍も楽しみですね

スポンサーリンク

-人物
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.