音楽

人間の証明の主題歌の歌詞や歌手は誰?カバーはエグザイルのアツシだった!?

更新日:

4月2日放送の藤原竜也さん主演ドラマ『人間の証明』の主題歌が素敵ですが、歌っているのは誰なのでしょうか。

映画『人間の証明』の主題歌といえばジョー山中さんですが、ドラマではジョー山中さんの「人間の証明のテーマ」のカバー曲が流れます。

人間の証明の歌手は誰?カバーはエグザイルのアツシだった!

スペシャルドラマ『人間の証明』で主題歌を担当するのはEXILEのボーカルのATSUSHIさん。原曲を演奏しているCharさんも参加しています。

故ジョー山中さんの原曲へのリスペクトの想いから、ATSUSHIさんが敬意をもって受諾したとのこと。本日より配信スタートとなります。

カバーではない原曲のジョー山中さんの曲はこちら。

人間の証明の主題歌の歌詞の意味は?

「人間の証明のテーマ」は詩人の西條八十(さいじょうやそ)さんの「ぼくの帽子」という詩を元に作られています。

作詞はジョー山中さん、作曲は大野雄二さんです。

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?」という言葉は、映画「人間の証明」のキャッチフレーズとしても有名ですね。

人間の証明のテーマの歌詞

ジョー山中さんのカバー曲を歌うにあたってATSUSHIさんとCharさんのコメントもありました。

■ATSUSHIさんのコメント

このたび、映画“人間の証明” の主題歌である、故ジョー山中さんの“人間の証明のテーマ”を歌わせて頂くことになりました。

人生とは不思議なものです…2011年にジョー山中さんは亡くなってしまいました。しかし、僕はこの曲にとても思い入れと、馴染みがありました。

僕がなぜこの曲を知っていたかというと、僕がよく行くBARにレコードがたくさん置いてあって、そのBARの閉店の曲がこの“人間の証明のテーマ”なのです。それは今も変わらず、そのBARでは27年もの間、ずっとその曲が流れています。

また大変恐縮なのですが、今回のお話をいただくまで、僕は映画「人間の証明」を拝見した事がなく、今回はじめて拝見しました。それもそのはず…1977年公開ですので、僕の生まれる前の作品です。

しかし、ありがたく今回お話をいただいた事で、初めて拝見いたしましたが、本当に素晴らしく、まったく時代を感じないというか、こんなオシャレな映画が1977年に作られていたと知り、ショックさえ感じるほどでした。

オープニングがとても色鮮やかで、それとニューヨークでのカッコいいシーンと、日本の昭和の素晴らしさみたいなもののコントラストというのでしょうか…そして映像美もさることながら、やはりストーリーも戦後の日本とアメリカの関係性みたいなものを考えさせられたり、昭和の日本の良さを感じたり、また時代性も考えさせられる、とても深みのある映画でした。

とにかく素晴らしい作品ですし、僕も心を込めて歌わせていただきました。そして、楽曲のギターは当時ジョー山中さんと一緒に活動されていたこともある、言わずと知れた日本のスーパーギタリスト、Charさんに弾いていただきました。

本当に感無量です。みなさん、ぜひドラマの方も楽しんで観ていただけたらと思います。

■Charさんコメント

Joeが私のギター1本でよく唄いたいと云ってくれた、思い出深い曲です。Joeは、私がアマチュア時代、プロの世界に引き上げてくれた大恩人のひとりであり、それ以来友人として、音楽仲間として、長い付き合いをしてきました。

世界に誇るシンガーJoeの代表曲にまた関われる事に喜びを感じました。また、今を代表するシンガーATSUSHIさんが歌うという話を聞いて、絶対いいモノが仕上がると確信しました。

ギターを弾く為に、プライベートスタジオにて録音中、ATSUSHIさん御本人がわざわざ顔を出してくれ、私のプレイに大きくプラスのイマジネーションを与えてくれました。Joeが新しい音楽仲間と出会わせてくれたと感じ、あらためて音楽を続けてきて良かったと思いました。このニューヴァージョンをJoeに聞いてもらいたいけど… Hey Joe, do you remember…?

EXILEのATSUSHIさんが歌う「人間の証明」のカバー曲はEXILEモバイルで視聴することができます。ドラマを見られなかった方はぜひ聴いてみてくださいね。

-音楽

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.