台風3号2017の進路が関東や東京へ!影響や被害は?

投稿日:

台風3号(ナマンドル)が発生し、九州の長崎に上陸しました。

時速50kmの速度で東北へ進んでいるとのことです。

東京や大阪など関東関西へ近づくのはいつなのか、影響はどのくらいでるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

2017年の台風3号のたまごが発生!進路予想は?

2017年7月2日に台風3号のたまごが発生しました。

現在の最新予想進路では、7月3日から7月5日にかけて日本を縦断する進路となっています。

出典:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1703.html

それにしても綺麗に横切って行きますよね。

確かその前の進路予測では見事に関東や東北にも直撃していた気がしますが、やや逸れてる模様。

関東へは接近はするものの直撃はなさそうです。

 

この2017台風3号は関東や東京、大阪にはいつごろ接近する予定なのでしょうか。

本州へ接近するのは7月4日から5日にかけて。

4日の朝には九州北部に、5日には西日本から東日本へと近づく進路予想になっています。

 

4日の午前中には九州の長崎に上陸している台風3号。

今後、台風は西日本から東日本を東へ進む見込みとのこと。

台風や梅雨前線の影響で、九州から東北の広い範囲で大雨となり、西日本では猛烈な雨の降るため注意が必要です。

スポンサーリンク

台風3号の呼び方はナマンドル!意味は?

台風3号のことをナマンドルといいます。

日本ではその年に発生した最初を1号と呼び、順番に2号、3号と呼びます。

今回の台風は2017年で3番目に発生した台風ということになりますね。

ただ、台風の名前はちゃんとあります。

台風委員会という各国が加盟している委員会があり、そこで提案した名前があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風3号の「ナンマドル」はミクロネシアが用意した名前で「有名な遺跡の名前」です。

台風の名前を調べて自由研究とかにもいいですね。

スポンサーリンク

台風3号の関東(東京)や関西への影響や被害は?

台風3号や停滞している梅雨前線の影響で、4日は全国的に雨の予想となっています。

しかし東京や関東は日中は猛暑。30℃を超えています。

蒸し暑くはありますが天候は良く、嵐の前の静けさというやつでしょうか。

 

しかし、夜には天気が崩れ雨が降る見込み。

名古屋や大阪などの関西では激しい雷雨も発生するとのことです。

大阪は7月4日の夕方から大雨と暴風が予想されており、帰宅時の交通に乱れが生じる可能性があります。

今後の交通機関の情報や気象庁の情報を確認しておきましょう。

 

また、関東や東京の台風3号の最新進路予想では、直撃はしないものの、大雨暴風警報が出ることが予測できます。

 

5日の交通網の乱れにも注意が必要です。学校の休校なども各自で確認するようにしてください。

交通が乱れる可能性も高いので、行き方も複数用意しておくといいでしょう。

大阪などの関西と同じく交通網の乱れは起こると思っていいでしょう。気象情報と交通情報のチェックはこまめにしてくださいね。

体調管理もして体を崩さないようにしてくださいね。

特に偏頭痛持ちにとってはこの時期は苦痛です。

スポンサーリンク

-生活・社会
-, , ,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.