生活・社会

爪の白い斑点の原因は?幸福の意味があるけど病気じゃない?

投稿日:

あなたの爪に白い斑点ができたことはありませんか?

1つだけの時もあれば、小さい点が複数できることもあります。

 

この白い斑点は病気なのか気になりますよね。

でも、実は幸福の印ともいわれているんです。不思議ですよね。

そこで今回は白い斑点の意味について調べてみました。

 

爪の白い斑点は病気?たくさんあっても大丈夫?

爪は健康のバロメータと言われており、爪の状態によって今の健康状態が簡単に判断できます。

 

私は、ネイルをしたまま料理をするのが嫌いなので普通の状態の爪です。

ですから、何らかの異常が見つかったときはすぐに分かります。

 

ふとした時、爪に白い斑点ができているのに気付いた経験はないですか?

最近、自分の左手親指に白い斑点ができていました。

『もしかして何か病気なのでは!?』と気になったので調べてみましたが、特に病気などではなかったので安心しました。

 

大人になってからほとんどみられなくなりましたが、そういえば子供の頃は時々できていたような気がします。

 

この白い斑点についてちょっと気になったので、私なりに調べてみました。

正式名称は、点状爪甲白班(てんじょうこうそくはくはん)という名前です。

ちょっと難しい呼び名ですね。

 

できる原因は、爪の成長段階に何らかの原因で隙間に空気が入ってしまうため。

最初に現れる部分は、爪の付け根の半月あたりに白い斑点が現れ、その後爪が伸びていくと先端へ移動していって爪切りで切ると消えます。

 

比較的若い方がなるそうですが、特に病気ではないので気にする必要ありません。安心してくださいね。

 

ただし、線状爪甲白班と呼ばれる白い線状に爪に現れるケースは注意が必要です。

1本だけでなく複数本現れる事もあるそうです。

 

これは最悪な場合、鉛やヒ素などの中毒症状、他の内臓疾患が疑われることもあるので、心配な時はすぐに医療機関を受診した方が良いです。

 

爪の白い斑点が幸運と言われる由来は?占いにも使われる

世間では『爪に白い斑点ができると幸運が舞い込んでくる!』という噂があります。

悪い方向へ考えずにラッキーと思えるのは、とても嬉しく幸せな事です。

気分も明るい気持ちになりますよね。

 

そこで、なぜこのような説が広がったのでしょう。

ちょっと面白い事が分かりました!

 

海外へ目を向けてドイツのお話ですが、ドイツの女性は爪にできた白い斑点を幸運の白い星と呼んでいるそうなのです。

恋人ができるとかラッキーな事が起こると信じています。

由来は、もしかしたらここからきているのかもしれませんね。

 

爪の白い斑点の意味を親指や薬指など指別に紹介

先ほど斑点は幸運の意味があるとお伝えしましたが、それぞれの指によって意味が異なります。

では、それぞれの爪にできた白い斑点には、どのような意味を持つと言われているのでしょうか?

 

幸運が自分にも訪れないか皆さん気になりますよね?

私も、また親指以外にも出ないものかと、毎回爪をまじまじと確認しちゃったりします。

 

それでは1本ずつ込められた意味をご紹介します。

 

親指の爪

好きな人や恋人が出現する。愛情関係に幸運が舞い込む。

 

人差し指の爪

願いや希望が叶う。

 

中指の爪

旅行や引っ越し、転勤など移転に伴う幸運が舞い込む。

 

薬指の爪

配偶者を意味する幸運。名誉や名声。

 

小指の爪

金運上昇、臨時収入などの金銭面での幸運。不動産。子供に関する幸運。

 

親指の爪の意味は愛情関係でしたが、私は既婚者なのでどうだったでしょう。

ただ単に気付いていなかっただけなのかもしれませんね。

 

けれども、こうして意味を知ると次にどの指に現れるか楽しみになりますね。

今、爪に白い斑点がある皆さん、それぞれの指の意味を知ってその間を期待しながら楽しんでくださいね!!

-生活・社会

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.