山田哲人の家族構成や姉妹は?出身中学や高校はどこ?

投稿日:

右投右打で、東京ヤクルトスワローズに所属しているプロ野球選手の山田哲人さん。

山田哲人さんの家族構成や学歴について調べてみました。

スポンサーリンク

山田哲人の出身地は兵庫県のどこ?

山田哲人さんは、1992年7月16日生まれで、兵庫県豊岡市出身

東京ヤクルトスワローズに所属し、日本野球機構における日本人右打者、シーズン最多193安打保持者。

史上初の本塁打王と盗塁王の、同時獲得者でもあり、65年ぶりに、トリプルスリーと、100打点の同時達成、史上初のトリプルスリー複数回達成者でもあります。

そんな輝かしい成績を持つ山田哲人さんは、兵庫県豊岡市で産まれました。

警察官である父親の転勤により兵庫県宝塚市に移り、小学校2年生で硬式野球チームの、「宝塚リトルリーグ」に入り、野球を始めています。

宝塚リトルリーグに入った初日は、球はバットにかすりもせず、泣いたこともあったようですが、小学6年の頃には、外野手としてチームの主力で活躍していたようです。

泣いて帰った日に諦めないで続けた結果、力をつけていったようですね。

スポンサーリンク

山田哲人の出身中学や高校はどこ?

山田哲人さんの出身中学は、兵庫県宝塚市立御殿山中学校で、野球はヤングリーグの「兵庫伊丹」というクラブチームに所属していました。

中学時代はあまり情報がありませんでしたが、内野手として大会に出場していたようです。

高校は、関西屈指の強豪校である大阪の履正社高校に進学しました。

履正社高校は甲子園にも出場し、毎年注目されている有名高校ですね。

山田哲人さんが履正社高校に進学したことを機に、一家で大阪の豊中市に戻っています。家族でサポートしてきたんですね。
高校入学し、1年生の夏から、実力は認められ、ベンチ入り。2年生の夏には、二塁手でレギュラーを務めました。

2年生の秋からは、遊撃手のレギュラーとして活躍、3年生の春は、高い守備力と、高打率でチームを引っ張り、大阪大会優勝。

近畿大会では、準優勝と勝利に大きく貢献しました。第92回、全国高等学校野球選手権大会では、1回戦の天理戦で本盗を決め、履正社は初勝利しました。

高校卒業後のドラフト会議では「東京ヤクルトスワローズ」と「オリックス・バファローズ」から1巡指名を受け、抽選の結果、「東京ヤクルトスワローズ」に入団したので、大学進学はしていません。

スポンサーリンク

山田哲人の家族構成や兄弟(姉妹)は?

山田哲人さんは、父親、母親、姉、妹の5人家族です。

父親は、名前が山田知規(やまだとものり)さん。

警察官で今は、兵庫県警の生活課に所属。スポーツ万能ですが、武術が得意で野球は全くやっていませんでした。

しかし、山田哲人さんが、野球にのめり込んできた時には、毎晩練習に付き合い、試合も見に行き応援していました。

スイングを早くするための感覚を教えるために、バトミントンのシャトルでバッティングをさせたり、練習方法を色々考えるぐらい、山田哲人さんの野球のセンスを磨いてきたようです。

母親は、山田則子(やまだのりこ)さん。

母親はテニス経験者で、球技の才覚は、母親譲り。

山田哲人さんは、ハイハイし始めた時期でからバタフライのように手を動かして、高速ハイハイしていたとのこと。

その姿の見た母親が、山田哲人さんの運動神経の良さを感じて、様々なスポーツをさせてきたようです。

姉と妹については、名前はわかりませんが、姉か妹と一緒に写っている写真があり、山田哲人さんとどことなく似ていて、美人でした。

家族のサポートもあり、現在も活躍されている山田哲人さん。

今後の活躍にも期待したいと思います。

スポンサーリンク

-人物

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.