ポケモンGOのタマゴの種類は2km、5km、10km!確率と中身は?

投稿日:

pokeポケモンGOのタマゴの入手方法と孵化方法を前回の記事で紹介しました。

タマゴには2km、5km、10kmの3種類のタマゴがあります。

種類によって生まれるポケモンが異なりますので、どのタマゴでどんなポケモンが生まれるのかをまとめました。

スポンサーリンク

ポケモンGOのタマゴの種類は3種類

earth

ポケモンGOのタマゴは歩く距離が決まっており、2km、5km、10kmの3種類があります。

10kmだと結構な距離があるので、一日で孵化させようとすると大変ですし、複数のタマゴを孵化させるなら孵化装置を増やしてまとめて孵化させたほうが断然ラクですね。

孵化方法についてはこちら

タマゴの種類によって生まれるポケモンは異なりますが、2km、5kmは比較的手に入れやすく、10kmのタマゴはなかなか手に入りません。

 

スポンサーリンク

ポケモンGOのタマゴの種類別中身は?

ポケモンGOの種類別に生まれてくるポケモンをまとめておきます。

pokegg引用:http://www.slashgear.com/

 

2kmのタマゴで孵化するポケモン

 

2kmのタマゴで孵化するポケモンは以下の14種

フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ

キャタピー、ビートル、ポッポ、コラッタ、オニスズメ

ピカチュウ、ピッピ、プリン、ズバット、イシツブテ、コイキング

 

2kmで孵化できるポケモンはタマゴでなくても手に入れやすいポケモンです。

最初に選択する三匹もタマゴからゲットすることができるようです。ヒトカゲはなかなか出現しないので孵化させて手に入れるのが良さそうですね。

 

5kmのタマゴで孵化するポケモン

5kmのタマゴで孵化するのは以下43種+2kmのポケモン

アーボ、サンド、ニドラン♀、ニドラン♂、ロコン、ナゾノクサ

パラス、コンパン、ディグダ、ニャース、コダック、マンキー、ガーディ

ニョロモ、ケーシィ、ワンリキー、マダツボミ、メノクラゲ、ポニータ

ヤドン、コイル、ドードー、パウワウ、ベトベター、シェルダー、ゴース

スリープ、クラブ、ビリリダマ、タマタマ、カラカラ、ベロリンガ

ドガース、サイホーン、モンジャラ、ガルーラ、タッツー、トサキント

ヒトデマン、ケンタロス、ポリゴン、バリヤードカモネギ

 

表ではバリヤードは10kmのポケモンに含まれますが、5kmから出てくるようです。

海外でしか手に入らない「ガルーラ」「ケンタウロス」「バリヤード」はタマゴで手に入れましょう。

ただ実際にはタマゴからもなかなか出にくい超低確率のようです。

 

10kmのタマゴで孵化するポケモン

10kmのタマゴで孵化するポケモンは以下15種+2kmと5kmのポケモン

イワーク、サワムラー、エビワラー、ラッキー、ルージュラ

エレブー、ブーバー、カイロス、ラプラス、イーブイ、オムナイト

カブト、プテラ、カビゴン、ミニリュウ

 

化石ポケモンやらプラス、ルージュラなど気になるポケモンが多いですね。

スポンサーリンク

10kmのタマゴが手に入る確率は?

珍しいポケモンが手に入る10kmのタマゴですが、他のタマゴよりも手に入りにくいのが特徴です。

10kmのタマゴが手に入る確率ですが、10個中1個手に入れた方もいれば、40個中2個の方もいて、バラつきがあります。

2km、5kmは同じくらい出ますが、10kmのタマゴは10回に1回くらいの確率のようです。

平均的になので、もっと出ない人もいれば出やすい運の良い人もいるでしょう。

地道に探すしかないようですね。

スポンサーリンク

-生活・社会
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.