LINEが正月にエラーでつながらない!?通信障害が起きた時の対処法

投稿日:2016-12-30 更新日:

国内で約6,800万人が利用しているといわれる『LINE』

無料で通話やチャットが楽しめ、スタンプも豊富。手軽にできることから利用者が多いアプリです。

正月には年賀状の代わりに年賀メールへと形態変化し、今はLINEであけおめメッセを送る方も多いのではないでしょうか。

しかし、LINEではメールと同様に通信障害が起きるという情報も出ています。

通信障害であけおめメッセがエラーになったり届かなかった場合にはどのように対処したらいいのかを調べてみました。

スポンサーリンク

LINEで正月にメッセージが届かない理由は?

手軽にメッセージが送れるコミュニケーションアプリ『LINE』

基本的には送ればすぐに相手に届き、既読がつくのですが、時々矢印がグルグル回っているようなマークになってしまうことがあります。

こんな時は相手にメッセージやスタンプが届いていません。

LINEのメッセージが届かない理由は、

・サーバーエラー

・電波障害

・アップデートされていない

他にも相手にブロックされているとメッセージが届きませんが、

正月にメッセージが届かない場合、主に電波障害が原因です。

 

LINEで正月にあけおめメッセがエラー!つながらない理由は?

LINEで正月にあけおめメッセージが送れないということが起きるため、LINE公式ブログでは以下のように呼びかけをしています。

大みそかから元日の午前0時前後から約30分間(最大数時間)は、LINEだけでなく、従来の電話やメール、TwitterなどのSNSサービスを利用して「あけましておめでとう」の送受信が集中するため、電気通信事業者(通信キャリア)側が通信制限をかけ、回線が混み合いつながりづらくなる場合もあります。

弊社側でもサーバーを増強するなど準備をしていますが、通信キャリア側の負担を軽減するために、スマートフォンの通信回線(3G/LTE回線)の混雑をできるだけ避けることにご協力ください。

具体的には、ご自宅で契約している無線LANや公共の場で提供されている公衆無線LANサービスが利用できる方は、Wi-Fi設定をオンにしてインターネットに接続し、LINEをご利用いただくようお願い致します。

引用:http://official-blog.line.me/ja/

年末年始はメールとどうように通信制限がかかるため、3G/4Gのデータ通信を利用すると回線が混み合いLINEもつながりづらくなるようです。

そのため、Wi-Fi設定をしての利用をするように記載されていますね。

 

スポンサーリンク

LINEで正月にあけおめメッセが届かなかった時の対処法は?

LINE側がユーザーが増えていることからシステム増強などもしているため、年末年始はLINEが使えないということはありません。

正月にLINEからあけおめメッセージを送れなかった場合、

・Wi-Fiを利用する

・時間をずらす

この2つの方法であけおめメッセージが届かないというエラーは解決します。

あけおめメッセージを送って届かないようであれば、Wi-Fi設定になっているかを確認してみてください。

ちなみにWi-Fiは送る側だけでなく、受信する側も設定していないとパケット通信網に負荷をかけてしまい、届かなくなる可能性があります。

Wi-Fiを設定しているけど届かない

Wi-Fi自体が利用できない場所

このような場合は時間をずらしてメッセージを送りましょう。

公式ブログでは0時前後30分と記載されていますが、1~2時間くらいつながらないこともあったので、3時以降もしくは朝になってから送るといいでしょう。

お昼近くなればほぼ確実にあけおめメッセは届きます。

カウントダウンライブなどで外に出ていて感想を送る場合などは通信障害で負荷がかかることを考えて時間をおいて送るようにするといいですね。

 

LINEの機能に制限がかかる・一部の機能が利用できないという噂もありますが、これはLINE@の利用者に対する説明であり、マガジンなど一斉送信に利用している企業や個人に関係することなので普通にLINEを利用している方は問題なく利用できます。

スポンサーリンク

-生活
-, ,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.