人物

張本智和の小中学校はどこ?チョレイの意味は?

投稿日:

東京オリンピックでの活躍も期待されている今勢いが増している卓球選手、張本智和さん。

そんな張本さんは現在13歳。

まだ中学生の彼ですが、なんと2017年の世界選手権では世界ランク6位の水谷隼選手を破り、ベスト8入りを果たしています。

メダル獲得の可能性も考えられ、とても注目を集めている張本選手ですが、今回は張本さんの経歴や学校について調べてみました。

張本智和の身長や体重は?

張本智和(はりもと ともかず)

生年月日:2003年6月27日

出身:宮城県仙台市

所属:JOCエリートアカデミー

 

ちなみに世界卓球2017の現在の結果はこんな感じ(6月3日時点)

1回戦 4-0 ヌイティンク(106位=ベルギー)
2回戦 4-1 水谷隼(6位=日本)
3回戦 4-0 廖振テイ(100位=台湾)
4回戦 4-1 ピシュティ(156位=スロバキア)

張本智和さんの世界ランクは69位なんですが、6位の水谷選手を4-1で打ち破っているのが・・・凄すぎて怖い!

張本智和さんは2003年に宮城の仙台市に生まれ、2歳の頃から卓球のラケットを握るようになりました。

張本さんの両親はそろって元中国代表選手ですから、おそらく両親の影響でしょうね。

張本智和の家族は両親と妹!名前や国籍と帰化した理由は?

張本さんの身長は167cm、体重は54kgですが、今中学生ですし、成長期真っ只中!さらに身長が伸びるかも。

足のサイズは27.5cmと結構大きめな気がする!

大人の男性並みですよね。それでも大きいほうかも。やっぱり地面をしっかり踏みしめるために足が成長するのかな。

水谷隼さんも身長が170cm台で足のサイズは27.0cmですからね。

張本智和の小学校や中学校はどこ?

張本智和さんは仙台市立東宮城野小学校を卒業しています。

小学1年生の頃には全日本卓球選手権大会のバンビの部で優勝。

 

その後、実家を離れて東京都北区立稲付中学校に進学しているんですね。

なんで地元を離れて東京にいるのかというと、JOCエリートアカデミーに所属しているためです。

JOCエリートアカデミーは、将来オリンピックをはじめとする国際競技大会で活躍できる選手を育成するための事業。味の素トレセンを生活拠点に「競技力」の向上はもちろん、コミュニケーションスキルや語学力などの「知的能力」、共同生活をおくることでの「生活力」を身に付け、スポーツを通して社会の発展に貢献できる人材を育成することを目的としています。

今年度入校した9期生はレスリングの鏡優翔さんと佐藤匡記くん、卓球の張本智和くん、水泳/飛込の山田周汰くん、射撃/ライフル射撃の井浦一希さんの5人で、アカデミー生の合計は38人になりました。

引用:http://www.joc.or.jp/

JOCエリートアカデミーに所属する子供たちは味の素ナショナルトレーニングセンターで選手としての力を高めていくんですね。

東京都北区立稲付中学校は、この味の素ナショナルトレーニングセンターに隣接していて、JOCエリートアカデミーに在籍する子供たちの多くが通っている学校なんです。

張本智和のチョレイの意味や成績・実力は?

張本さんといえば、「チョレイ」の雄叫びや「ハイバウアー」が有名ですよね。

このチョレイにはどんな意味があるのか気になるところですが・・・

特に意味はないようです。

中国語でもそのような単語は見当たりませんでした。

気合を入れるためで、愛ちゃんでいう「サー」と同じ意味と解釈されています。

というか「チョレイ」と分かって聞かなければ聞き取れない・・・これを聞き取れた人が凄いですよね。

張本さんのお母さんによると幼稚園の頃から「チョレイ」と叫んでいたようです。

最後に輝かしい張本智和さんの成績を見てみましょう。

2010年 卓球全日本選手バンビ優勝
2011年 卓球全日本選手権バンビ優勝
2012年 卓球全日本選手権カブ優勝
2013年 卓球全日本選手権カブ優勝、東アジアホープス(U12)順優勝
2014年 卓球全日本選手権ホープス優勝
2015年 卓球全日本選手権ホープス優勝
2016年 卓球世界ジュニア選手権優勝

全日本選手権で6連覇ですよ!もう何も言わずとも実力が分かるでしょ・・・

そして、2017年には世界選手権で史上最年少ベスト8入り。これは卓球連盟からも注目されるわけです!

水谷選手を破っていますが、以前にもロンドン五輪日本代表で世界ランク13位という丹羽孝希選手と対戦。

張本さんはこの試合では破れていますが、「すごく気を引き締めたし、警戒していた」と丹羽選手が語っていたほどの実力の持ち主です。

他にも2016年6月にはジャパンオープン荻村杯では史上最年少優勝を果たすなど、もう勢いが止まりません。

そんな彼の目標は

「オリンピックで優勝すること」

そして、2017年のベスト8入り確定した時のインタビューがこちら。

「うざかった」とか言葉の言い回しはまだ子供っぽいですね。

今の張本選手の実力からしたら、2020年にはとんでもないことになっていそう。

日本の卓球界の未来は明るいぞ!

-人物
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.