キミにきめたのネタバレ感想!改変しすぎだけど時間軸や時系列は?

投稿日:

20周年記念となる『キミにきめた』はサトシとピカチュウに焦点をあてたポケモンとトレーナーの絆の物語。

ただし、ピカチュウとサトシの旅については冒頭にぎゅっと詰め込まれていて、この映画のサブタイトルは「ホウオウとの対決」です。

スポンサーリンク

ポケモン「キミにきめた」が改変しすぎ?

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた』は無印ではなくオリジナルストーリーになっています。

リメイクではなく、「パラレル」「もしも」の世界だと考えた方がいいように思います。

・映画の中ではアニメ本編よりも寝坊

・それにより、シゲル、カスミ、タケシと出会わない

・変わりにホウオウから虹色の羽をもらう

・1人で旅をしている(ポケモンはピカチュウとキャタピー)

・手持ちポケモンにゼニガメやフシギダネはいない

・おそらくゲットしたポケモンはかなり少ない

・2つのジムを飛ばしている(もしくは負けている)

など変更点が多くあります。

 

旅立ちの日にサトシがピカチュウと出会い、オニスズメに襲われるところまでは同じですが、それ以降は内容が全体的に変わります。

むしろヒトカゲに出会うまでに他のポケモンが出ていないのでピカチュウとキャタピーしか持っていないのかと思うほど。

 

ゼニガメ団やフシギダネとも出会わなかったんだろうし、ピカチュウの森にも遭遇していないということでしょう。

ナツメとの件もなかったことになってるのかな。

 

キャタピー、アニメではすぐにトランセルに進化していたのにずっとキャタピーのままだったのでかなりレベルが強くなっているか、押せ押せでピカチュウばかり出していたのかもしれません。

スポンサーリンク

キミに決めたの時系列や時間軸が謎すぎる!?ルカリオやポッチャマはなぜ?

今回は1人で旅をしていたトシでしたが、あくまで可能性の1つであると考えられます。

人にはいろんな未来があり、どうこうどうするかで未来が変わります。

今回、サトシの未来を変えた大きな分岐点は【寝坊をしたこと】【ホウオウの虹色の羽を手にしたこと】です。

 

SNSで見かけてなるほどなと思ったのですが、最後がゼルダになっているのにセンスを感じます。

勇者サトシ・・・!!

でもまさにサトシは選ばれし者扱いされていました。

 

また、一番疑問に思っているだろう別地方のポケモンが登場する件について。

これについても、だんだんと分かってきました。分かりやすい図を載せている方がいらっしゃったので引用させていただきます。

分かりますか。

アニメでは151匹しか発見されていないカントー地方で旅をしていたサトシが、他の地方で他のポケモンに出会います。

しかし、今回の映画では逆に他の地方のポケモンがカントー地方に訪れているんです。

他の地方から来ているトレーナーなら、その地方のポケモンを連れていてもおかしくありません。

 

最近になって出てくるポケモンも、サトシが初めて出会うだけでそれぞれの地方には以前からいたんですよね。

サトシが他の地方で旅するように、別の地方からポケモンを連れてカントーで旅している人もいるはず。

時系列がまったくバラバラということではなかったようです。

 

スポンサーリンク

ポケモン「キミにきめた」のネタバレ感想

一番驚いたのはピカチュウが喋ったことかな。たぶんサトシがそう聞こえたってだけなんだけど。

まんまチョッパーでした!

ピカチュウをモンスターボールに入れて、攻撃を受けて一度は体を失ったサトシ。

その時、すぐに出てきたピカチュウが泣いて放電するシーンはとても見ていられなかった。今思うとミュウツーの逆襲再び!って感じ。

でもあっさり復活しましたが。

もっと語りたいのですが、たぶん終わらないのでやめておきます。

もう一度見てみたくなる作品でした。

それにしてもマーシャドーは結局悪者だったのかな。なんか悪役扱いで終わってしまったのが哀しい。

 

今回の映画は賛否両論ありますが、一度目では違和感を感じる部分も二度、三度と見ると新たな発見や気付きがありそうです。

また公開中に観に行きたいな。

【関連記事】

ポケモン劇場版キミにきめたの声優は誰?

ポケモン【キミにきめた】にシゲルは登場?カスミやタケシがいないのはなぜ?

ポケモン映画【キミにきめた】のあらすじは?タイトルの意味が深すぎる!?

スポンサーリンク

-テレビ・映画
-

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.