生活・社会

父の日に贈る花で父親への感謝や愛を伝える花言葉はどれ?黄色いバラの由来や意味も紹介

投稿日:

父の日に贈る花で父親への感謝や愛を伝える花言葉はどれ?由来や意味も紹介

父の日にあなたはどんな花を贈っていますか?

父の日の花としてよく知られるのは黄色いバラですが、どうして黄色のバラが父の日にふさわしいとされるのでしょうか?

 

今回は父の日にぴったりな花言葉を持つ花についてご紹介していきます。

父の日に贈る黄色いバラの花言葉の意味や由来は?

父の日は、アメリカで母の日に倣い、父に感謝の気持ちを込めて、白いバラを贈ったことから始まりました。

始まりは白いバラだったんですね。

 

ですが、日本では父の日には黄色いバラを贈ることが風習となっています。

どうして白いバラが黄色いバラに変わってしまったのでしょうか?

それは、1981年に設立された日本ファーザーズデイ委員会が開催したキャンペーンのイメージカラーが黄色だったことが由来となっています。

 

アメリカのバラと日本の父の日のキャンペーンカラーの黄色が合わさって、黄色いバラとなったのですね。

 

黄色のバラの花言葉は「友情」「平和」などがあります。

ですが、「嫉妬」「薄れていく愛」などネガティブな花言葉も持ち合わせているため、女性に贈る花としては、ふさわしくないところもあります。

 

しかし、黄色は希望や幸せをイメージする色でもあるため、父の日には最適なプレゼントとして贈られています。

もし、ネガティブな花言葉が気になるようでしたら、他の色と組み合わせてみるのも1つの方法ですね。

関連:黄色いバラの花言葉の意味や品種は?花束の値段や種類も

 

父の日に贈る黄色いバラ以外の感謝や尊敬の意味を持つ花は?

また、白いバラも「深い尊敬」の花言葉をもつので、父の日に贈られることがあります。

ただ、白いバラは亡くなった方に贈る色でもありますので、こちらも他の色の組み合わせが無難です。

 

さて、父の日に贈ることが多い黄色のバラですが、もしかすると赤やピンクのバラと比べると、生花店に置かれている数が少ないかもしれません。

となると、黄色のバラ以外に父の日にプレゼントするとよい花を知っておくことも必要ですね。

 

黄色い花でバラの次に人気のある花は、ひまわりです。

明るく元気なイメージが一家の大黒柱でもあるお父さんにぴったりです。

ひまわりの花言葉は「私はあなただけを見つめる」「あなたは素晴らしい」「愛慕」「崇拝」などがあります。

関連:ひまわりの花言葉は恐怖の意味も!?信頼や笑顔に隠された理由とは?

 

父の日は6月ですが、夏を先取りしたひまわりのプレゼントも喜ばれますね。

そして、母の日に贈るプレゼントとしても人気のあるゆりと胡蝶蘭の花は、父の日にも適しています。

 

ゆりの花言葉は「純潔」「威厳」「無垢」「子の愛」、胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」「変わらぬ愛」などです。

ちなみに、ゆりは強い香りが気になるかもしれませんが、スカシユリという品種は香りも控え目なので、おすすめです。

関連:ゆりの花言葉の怖い意味!白や黄色・ピンクなど色別に紹介!

 

バラやひまわりなどの大輪の花とガーベラの組み合わせも、ギフトでは人気があります。

ガーベラの花言葉は「親しみやすさ」です。

 

ガーベラは花の色も豊富なので、お父さんのイメージに合わせて選ぶこともできます。

ブーケやアレンジメントでは、黄色をメインに白や青を組み合わせたラッピングが爽やかで人気です。

関連:ガーベラの花言葉には感謝や卒業の意味も?赤やピンク・白など色別に紹介

 

また、ギフトとして、お父さんでも簡単に育てられる観葉植物、好きな食べ物やお酒とお花のセットなど、ネット通販でもいろいろと販売されています。

お花とお父さんの趣味に合わせたプレゼントを添えたり、お母さんと夫婦水入らずで楽しんでもらえるサプライズなどはどうでしょうか。

 

父の日のプレゼントは、難易度が高いと悩まれる方もいますが、普段照れてしまって、なかなか言えない感謝の気持ちも、お花のプレゼントで上手に伝えることができそうですね。

関連:母の日の花言葉!親への感謝や親愛を伝えるのにぴったりの意味を持つ花はどれ?

 

-生活・社会

Copyright© COCO’s BLOG , 2018 All Rights Reserved.