おおかみこどもの雨と雪が可愛いけどその後は?原作の後日談と裏設定

投稿日:2017-03-24 更新日:

『おおかみこどもの雨と雪』が金曜ロードショーで放送されます。

『おおかみこどもの雨と雪』は2012年7月に公開された映画で過去に地上波で何度か放送されましたが、今回もノーカット放送とのこと。

『おおかみこどもの雨と雪』についてあらすじと雨と雪のその後や裏設定について調べてみました。

スポンサーリンク

おおかみこどもの雨と雪の原作あらすじは?

『おおかみこども』は人間の女性・花と狼男の間に生まれた子供、雪と雨の物語。

花の旦那であり、雪と雨の父親である狼男は雨の出産直後に亡くなってしまい、花は一人でおおかみこどもの二人を育てることになります。

『おおかみこどもの雨と雪』では父親の狼男は「彼」と三人称で語られており、名前がありません。また死因についても作中では触れられていません。

おおかみこどもの父親の狼男の名前は?死因は事故?

父親の狼男が他界した後、花は都会での育児を諦めて人里はなれた古民家に引っ越します。

花の家のモデルとなった古民家は富山県にありました。

【おおかみこども】母の花がかわいいけど怖い!?家や大学のモデルはどこ?

田舎で暮らす花と雪と雨の三人。

おおかみこどもである二人は狼に変身することができます。

活発で狼に変身して元気いっぱいに動き回る雪と、内気で臆病な雨。

しかし、小学校に上がると雪は次第に自分が野生的であることを感じ、人間の女の子として振る舞うように。一方で、小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちな雨は山に魅かれるようになっていきます。

人間として生きていくか、狼としていきていくか……二人は選択を迫られることになります。

スポンサーリンク

おおかみこどもの雨と雪が可愛い!

おおかみこどもの雪と雨は本当に可愛いんです。

「おおかみこども」の姉・雪は雪の日に生まれた女の子。

幼少の頃はお転婆で活発な性格でしたが、小学校生活の中で自分のような女子がいないことを知り、淑やかに振る舞うようになります。小学校卒業後は中学の寮に入ります。

雪の声優は幼少期は大野百花さん、少女時代は黒木華さんが担当しています。

 

「おおかみこども」の弟・雨は雨の日に生まれた男の子。

赤ん坊の頃は、夜泣きが絶えず、姉の雪とは対称的でひ弱で内向的な性格でしたが、川で溺れたことがきっかけで狼の本能に目覚めていきます。

人間として生きたい雪と狼として目覚めた雨。

雨は次第に雪を嫌悪する様になり、山一帯を治めるアカギツネを先生として慕うようになります。先生の死後、役割を引き継ぐため、10歳の夏に花と雪と別れて一人で山へと入っていきます。

雨の声優は幼少期が加部亜門さん、少年時代を西井幸人さんが担当しています。

スポンサーリンク

おおかみこどもの雨と雪のその後は?後日談と裏設定

人間として生きていくことを決めた雪と、狼として生きていくことを決めた雨。

おおかみこどもの二人はそれぞれ別の道を歩むことになりますが、二人のその後はどうなったのでしょうか。

『おおかみこども』のその後については原作でも語られていませんが、雪は小学校を卒業後は学生寮に通うことになりましたので、母親の花とは別々に暮らしています。

ただ、花を一人にするとは考えにくいので学校卒業後は母親と一緒に暮らすのではないかと思います。

花に送った写真から、雪が通う中学校には草平も一緒であることが推察されます。

おおかみこどもの草平がイケメンだけどその後は?セリフがかっこいい!

一方で山で暮らすことにした雨は狼として生を全うすることになると思います。おそらくもう花と雪と会うつもりはないのではないでしょうか。

『おおかみこどもの雨と雪』の語り手は雪のため、雪の視点で様々なエピソードが語られています。花がすごく強い女性に見えますが、これは子供の雪だからそう見えるだけで花はたくさんの苦労をし、色んな思いを抱えてきたのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

-テレビ・映画
-,

Copyright© COCO’s BLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.